日本でいちばん平凡な名前の出版社

青木 理

名前 青木 理
カナ アオキ オサム

プロフィール

1966年長野県生まれ。 ジャーナリスト90年に慶応義塾大学卒業後、共同通信社入社。社会部、外信部、ソウル特派員など経て、06年にフリーとなる。 主な著作に『日本の公安警察』『絞首刑』『誘蛾灯──二つの連続不審死事件』『抵抗の拠点から──朝日新聞「慰安婦報道」の核心』(いずれも講談社)、『ルポ 拉致と人々──救う会、公安警察、朝鮮総聨』(岩波書店)、『トラオ 徳田虎雄不随の病院王』(小学館)、『青木理の抵抗の視線』『ルポ 国家権力』(いずれもトランスビュー)などがある。

著作一覧

日本会議の正体

日本会議の正体

「草の根保守ネットワーク」の素顔を探る。

著者:青木 理
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス