日本でいちばん平凡な名前の出版社

高橋 巖

名前 高橋 巖
カナ タカハシ イワオ

プロフィール

東京・代々木生まれ。ミュンヘンでドイツ・ロマン派美学を学ぶなか、ルドルフ・シュタイナーの思想と出会う。73年まで慶應義塾大学で美学と西洋美術史を担当。その後シュタイナーとその思想である人智学の研究、翻訳を行う。著書に『神秘学講義』『シュタイナー哲学入門』、訳書にシュタイナー『神智学』『神秘学概論』など。

著作一覧

なぜ私たちは生きているのか

なぜ私たちは生きているのか

「生きづらさ」を巡る知的興奮に満ちた対談

著者:佐藤 優
高橋 巖
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス