日本でいちばん平凡な名前の出版社

高山 なおみ

名前 高山 なおみ
カナ タカヤマ ナオミ

プロフィール

1958年静岡県生まれ。料理家、文筆家。 『諸国空想料理店 KuuKuuのごちそう』でデビュー。レシピ制作からエッセイの執筆など幅広く活躍。 著書に『帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。』『たべる しゃべる』、『押し入れの虫干し』『料理=高山なおみ』、『今日もいち日、ぶじ日記』『ロシア日記』、『気ぬけごはん』、『高山なおみのはなべろ読書記』、『きえもの日記』『ココアどこ わたしはゴマだれ』、『実用の料理 ごはん』(京阪神エルマガジン社)、『野菜だより』『今日のおかず』『日々ごはん①~⑫』『帰ってきた 日々ごはん①~③』ほか多数。近年は絵本制作にも取り組んでおり、画家・中野真典との共作として『どもるどだっく』、『たべたあい』、『ほんとだもん』、『くんじくんのぞう』がある。

著作一覧

たべもの九十九

たべもの九十九

料理家・高山なおみ移住後初の食の新境地!

著者:高山 なおみ
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス