日本でいちばん平凡な名前の出版社

高木 久史

名前 高木 久史
カナ タカギ ヒサシ

プロフィール

1973年大阪府生まれ。2005年、神戸大学大学院文化学研究科修了。博士(学術)。専門は日本中世・近世史。越前町織田文化歴史館学芸員を経て、現在、安田女子大学文学部准教授。著書に『日本中世貨幣史論』(校倉書房)、『通貨の日本史――無文銀銭、富本銭から電子マネーまで』(中公新書)、『近世の開幕と貨幣統合――三貨制度への道程』(思文閣出版)、共著に『新時代の博物館学』(芙蓉書房出版)、『Handbook of the History of Money and Currency』(Springer、近刊)などがある。

著作一覧

撰銭とビタ一文の戦国史

撰銭とビタ一文の戦国史

銭にまつわる現象からみた戦国期の実態

著者:高木 久史
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス