日本でいちばん平凡な名前の出版社

増川 宏一

名前 増川 宏一
カナ マスカワ コウイチ

プロフィール

1930年長崎市生まれ。旧制甲南高等学校卒業。以来、将棋史および盤上遊戯史を研究。大英博物館リーディングルーム・メンバー、国際チェス史研究グループ会員、遊戯史学会会長。著書に『賭博の日本史』『碁打ち・将棋指しの江戸』『日本遊戯思想史』『遊戯の起源』(以上、平凡社)、『将棋Ⅰ・Ⅱ』『盤上遊戯』『賭博Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』(以上、法政大学出版局)、『将棋の駒はなぜ40枚か』(集英社新書)、『ゲームの博物誌』(JICC出版局)、『将軍家「将棋指南役」』(洋泉社新書y)、『小さな藩の奇跡』(角川ソフィア文庫)などがある。

著作一覧

江戸の目明し

江戸の目明し

目明しの驚くべき実態を史料から解き明かす

著者:増川 宏一
遊戯の起源

遊戯の起源

遊戯史研究の第一人者による遊びの世界史

著者:増川 宏一
日本遊戯思想史

日本遊戯思想史

各時代を生きた人々の遊びの思想史

著者:増川 宏一
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス