日本でいちばん平凡な名前の出版社

嵐山 光三郎

名前 嵐山 光三郎
カナ アラシヤマ コウザブロウ

プロフィール

1942年生まれ。作家。 版社勤務を経て執筆活動に専念。『素人庖丁記』で講談社エッセイ賞、『芭蕉の誘惑』でJTB紀行文学大賞、『悪党芭蕉』で泉鏡花文学賞・読売文学賞を受賞。『西行と清盛』『芭蕉という修羅』など著書多数。

著作一覧

影の日本史にせまる

影の日本史にせまる

老熟の作家と旬の歴史家が語る異色の日本史

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス