日本でいちばん平凡な名前の出版社

山岡 淳一郎

名前 山岡 淳一郎
カナ ヤマオカ ジュンイチロウ

プロフィール

1959年愛媛県生まれ。作家。「人と時代」を共通テーマに、近現代史、政治、経済、医療、建築などのノンフィクション作品のほかに、ジャンルを超えて執筆活動を展開。時事番組の司会、コメンテーターも務める。 著書は『気骨――経営者 土光敏夫の闘い』(平凡社)、『逆境を越えて――宅急便の父 小倉昌男伝』(KADOKAWA)、『後藤新平 日本の羅針盤となった男』『田中角栄の資源戦争』『あなたのマンションが廃墟になる日』(いずれも草思社)、『国民皆保険が危ない』(平凡社新書)、『医療のこと、もっと知ってほしい』(岩波ジュニア新書)、『原発と権力』『インフラの呪縛』『長生きしても報われない社会――在宅医療・介護の真実』(いずれもちくま新書)、『日本はなぜ原発を拒めないのか――国家の闇へ』(青灯社)ほか多数。 東京富士大学客員教授。 ネットチャンネル「デモクラシータイムス」同人。

著作一覧

神になりたかった男 徳田虎雄

神になりたかった男 徳田虎雄

稀代の病院王の〈医・政・金〉を追う

著者:山岡 淳一郎
気骨

気骨

著者:山岡 淳一郎
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス