日本でいちばん平凡な名前の出版社

二松 啓紀

名前 二松 啓紀
カナ フタマツ ヒロキ

プロフィール

二松啓紀(ふたまつ・ひろき)1969年京都市生まれ。 同志社大学大学院修了(社会福祉学修士)。京都新聞記者。 2016年4月から立命館大学社会システム研究所客員研究員。中国残留日本人女性との出会いを機に2003年から満蒙開拓団や戦後問題などをテーマに取材活動を続ける。著書に『移民たちの「満州」―満蒙開拓団の虚と実』(平凡社新書)と『裂かれた大地|京都満州開拓民』(京都新聞出版センター)、共著に『乳がんの歩きかた』(文理閣)。ラップナウ夫妻とは2015年4月に出会い、京都新聞連載『絵はがきに見る〝大日本帝国〟』などでコレクションの一部を紹介した。

著作一覧

カラー版 絵はがきの大日本帝国

カラー版 絵はがきの大日本帝国

絵はがきを元に大日本帝国の歴史を追体験

著者:二松 啓紀
移民たちの「満州」

移民たちの「満州」

戦争を知らない世代が描く“等身大の満州”

著者:二松 啓紀
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス