日本でいちばん平凡な名前の出版社

井上 亮

名前 井上 亮
カナ イノウエ マコト

プロフィール

1961年大阪生まれ。86年日本経済新聞社に入社。社会部で警視庁、法務省、宮内庁などを担当。現在、編集委員(皇室、近現代史担当)。元宮内庁長官の「富田メモ」報道で2006年度新聞協会賞を受賞。著書に『非常時とジャーナリズム』(日経プレミアシリーズ)、『天皇と葬儀』『焦土からの再生』(ともに新潮社)、『熱風の日本史』(日本経済新聞出版社)、『忘れられた島々「南洋群島」の現代史』(平凡社新書)、『昭和天皇は何と戦っていたのか』(小学館)、『天皇の戦争宝庫』(ちくま新書)、共著に『「東京裁判」を読む』『「BC級裁判」を読む』(ともに日経ビジネス人文庫)がある。

著作一覧

象徴天皇の旅

象徴天皇の旅

平成の象徴天皇にとっての旅の位置付けとは

著者:井上 亮
忘れられた島々 「南洋群島」の現代史

忘れられた島々 「南洋群島」の現代史

なぜ太平洋の島々で玉砕の悲劇が生まれたか

著者:井上 亮
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス