日本でいちばん平凡な名前の出版社
こころ Vol. 1

こころ Vol. 1

半藤 一利
柳田 邦男
森まゆみほか
シリーズ・巻次 こころ  1
出版年月 2011/06
ISBN 9784582380019
Cコード・NDCコード 0090   NDC 900
判型・ページ数 A5   200ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次

文学、歴史、思想、芸術など、様々な角度から日本人の新しい生きかたを考える総合文芸誌。半藤一利、柳田邦男、一海知義、諸田玲子、森まゆみら強力執筆陣が新たな世界へと踏み出す。

こころ Vol.1 2011 目次

エッセイ
アミエルを読む人 堀江敏幸 4
この詩人との長いつきあい 池澤夏樹 6
ダイアナ妃のこと 安野光雅 8

日露戦争史 | 1 半藤一利 12
漢詩のある風景──半解散人略伝 | 1 一海知義 46
『青鞜』の冒険 | 1 五人の若い女が集まって雑誌を作ること 森まゆみ 56
言葉が立ち上がる時 | 1 ゴドーを待ち続けて 柳田邦男 137
回想 わが昭和史 | 1 保阪正康 148
歴史屋のたわごと 現在・過去・未来 | 1 ひとつだけの地球、ともに生きる世界 杉山正明 166

特集 漱石「現代日本の開化」一〇〇年
百年目の漱石 佐藤泉 80
漱石の明治四十四年──「外発的開化」と「自己本位」 関川夏央 86
私たちは漱石より幸せになったのか? 木田元 102

連載小説
ともえ | 第一回 諸田玲子 108

対談 北中正和┼佐藤良明「君の友だち」が40歳になって──あるロック文化の成熟の仕方 126

コラム
幸せになれないワケ❶ 白紙回帰願望 きたやまおさむ 125
本のいろあい❶ フックスの『完訳 風俗の歴史』を読む 萩尾望都 146
記憶のなかの人❶ 忘れられない女(ひと) 野見山暁治 164

リレーエッセイ こころに残る言葉 西江雅之 184
本 トマス・ピンチョンのすすめ──『V.』に始まる 巽孝之 186

執筆者紹介 190/次号予告 192

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス