日本でいちばん平凡な名前の出版社
こころ Vol. 4

こころ Vol. 4

半藤 一利
川本三郎ほか
シリーズ・巻次 こころ  4
出版年月 2011/12
ISBN 9784582380040
Cコード・NDCコード 0090   NDC 900
判型・ページ数 A5   216ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次

特集「映画音楽の魅惑」(川本三郎、片山杜秀、恩田陸、野崎歓、鴨下信一ほか)。インタビュー=半藤一利「手紙にみる山本五十六の言葉」。読み物「大阪 女性画家の時代」(小川知子)ほか。

こころ Vol.4 2011 目次

エッセイ
長い斜面の上 村田喜代子 4
父 細谷亮太 6
死者の在り処(あ り か) 今橋映子 8

読み物
大阪 女性画家の時代──大正・昭和を彩った〝生身〟の美人画 小川知子 11 

特集 映画音楽の魅惑
◉対談
映画音楽の秘かな愉しみ 川本三郎┼片山杜秀 88
◉映画音楽でよみがえる名画・名場面
〈既成曲〉万歳!! 鴨下信一 102
アルバム作品としてのサウンドトラック 恩田陸 104
スクリーンのクラシック 藤原帰一 106
ぼくの映画音楽ベスト3 野崎歓 108
「The Rose」から始まった私の旅 手嶌葵 110
『野ばら』、少年合唱団の美しい歌声の記憶 瀬川裕司 112
スロー・ビズの原点──『男と女』断想 大野修平 114 

特別読み物
手紙にみる山本五十六の言葉 半藤一利 56 

連載
日露戦争史|4 半藤一利 24
漢詩のある風景─半解散人略伝|3 一海知義 68
言葉が立ち上がる時|4──千年の継承 柳田邦男 79
『青鞜』の冒険|4──尾竹紅吉、あるいは後記の読み方 森まゆみ 136
カヴァフィス全詩|3──訳と注釈の試み 池澤夏樹 156
回想 わが昭和史|4──編集者としての日々 保阪正康 160
歴史屋のたわごと 現在・過去・未来|4 海の国の記憶:五島列島(下)杉山正明 178 

連載小説
ともえ | 第四回 諸田玲子 116

コラム
幸せになれないワケ❹ 見るなの禁止 きたやまおさむ 67
記憶のなかの人❹ ある同級生──佐々木四郎 野見山暁治 132
本のいろあい❹ マイクル・フリン『異星人の郷』で中世の世界を堪能  萩尾望都 176

リレーエッセイ こころに残る言葉 佐々木常夫 204
本 戦争と文学を問う視線──『日清日露の戦争』(コレクション「戦争┼文学」)を読む 関谷博 200
執筆者紹介 206/次号予告 208

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス