日本でいちばん平凡な名前の出版社
こころ Vol. 5

こころ Vol. 5

半藤 一利
安野光雅ほか
シリーズ・巻次 こころ  5
出版年月 2012/02
ISBN 9784582380057
Cコード・NDCコード 0090   NDC 900
判型・ページ数 A5   200ページ
在庫 品切れ・重版未定
この本の内容
目次

特集「大正時代再発見」、座談会=安野光雅+森まゆみ+半藤一利、竹内洋、近藤富枝ほか。読み物「中世イタリアの限界リテラシー」(大黒俊二)。諸田玲子、柳田邦男、池澤夏樹ら連載も快調。

こころ Vol.5 2012 目次

エッセイ
学校へ行く人 荒川洋治 4
いまだ電脳に馴染めず 髙橋秀実 6
「東京からの自由」について少しだけ考える 岡田利規 8 

読み物
俗人が俗語で書く──限界リテラシーのルネサンス 大黒俊二 10 

特集 大正時代再発見
◉座談会
デモクラシーと恋愛事件の裏側で──戦争の狭間に咲いた徒花 安野光雅┼森まゆみ┼半藤一利 24
◉大正の知られざる表情
もうひとつの大正教養主義──嗜み系〝きょうよう女性〟の存在 竹内洋 42
大正下町商人事情──ある家族の物語 近藤富枝 46
「大大阪」建築逍遥──モダンの名残り 酒井一光 50 

読み物
大吉あやめ──樋口一葉クロニクル 領家髙子 58
連載
日露戦争史|5 半藤一利 76
カヴァフィス全詩|4──訳と注釈の試み 池澤夏樹 54
『青鞜』の冒険|5──伊藤野枝の登場 森まゆみ 112
言葉が立ち上がる時|5──不易の心と表現 柳田邦男 146
回想 わが昭和史|5──フリーの道に 保阪正康 156
歴史屋のたわごと 現在・過去・未来|5 露伴の『運命』とその彼方 その一 杉山正明 174 

連載小説
ともえ | 第五回 諸田玲子 130 

コラム
幸せになれないワケ❺ 普通の在りか きたやまおさむ 23
本のいろあい❺ J・G・バラード『殺す』、見えない暴力の凄さ 萩尾望都 74
記憶のなかの人❺ 海を渡った剣客──加藤周一 野見山暁治 172

リレーエッセイ こころに残る言葉 こうの史代 188
本 人物史を自省する──家近良樹『西郷隆盛と幕末維新の政局──体調不良問題から見た薩長同盟・征韓論政変』に寄せて 瀧井一博 184

執筆者紹介 190/次号予告 192

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス