日本でいちばん平凡な名前の出版社
こころ Vol. 6

こころ Vol. 6

半藤 一利
諸田玲子ほか
シリーズ・巻次 こころ  6
出版年月 2012/04
ISBN 9784582380064
Cコード・NDCコード 0090   NDC 900
判型・ページ数 A5   192ページ
在庫 品切れ・重版未定
この本の内容
目次

特集「日記はこんなに面白い」。対談=坪内祐三+出久根達郎/池澤夏樹+菅野昭正ほか。新連載=武田花、加藤千洋。さらに半藤一利、一海知義、柳田邦男、森まゆみ、諸田玲子ら豪華連載!

こころ Vol.6 2012 目次

エッセイ
忘れたいのに 宇江佐真理 4
実現させることが難しいユートピアについて 沼野充義 6
実感のレベルで原発を書く 吉岡忍 8 

新連載
猫のお化けは怖くない |1──「雲」 武田花 10 

特集 日記はこんなに面白い
◉対談
日記読みの極意──合わせ読み、「固有名詞と値段」の魅力、裏読み・深読み…… 坪内祐三┼出久根達郎 48
◉戦後派作家への新しい視点
対談 『福永武彦戦後日記』と福永文学 池澤夏樹┼菅野昭正 65
「島尾敏雄日記」とミホさんのこと 白石明彦 72
◉日記この一冊
鹿島茂/紀田順一郎/髙山文彦/長山靖生
蜂飼耳/松浦寿輝/武藤康史/山本一生  

連載
日露戦争史|6 半藤一利 14
漢詩のある風景──半解散人略伝|4 一海知義 80
『青鞜』の冒険|6──『青鞜』の巣鴨時代 森まゆみ 94
言葉が立ち上がる時|6──喪失からの再生 柳田邦男 132
回想 わが昭和史|6──文筆業駆け出しの頃 保阪正康 142
歴史屋のたわごと 現在・過去・未来|6 露伴の『運命』とその彼方 その二 杉山正明 160 

連載小説
ともえ | 第六回 諸田玲子 112

新連載
紀行エッセイ 辣(ラー)の道|その一 加藤千洋 106 

コラム
幸せになれないワケ❻(最終回) 心の鏡 きたやまおさむ 93
記憶のなかの人❻ 長い歳月──ヨーコ・オカザキ 野見山暁治 129
本のいろあい❻(最終回) 地球の未来を考える時に読む──エレン・ラプトン他
『WHY DESIGN NOW?(なぜデザインが必要なのか)』 萩尾望都 158

リレーエッセイ こころに残る言葉  益田ミリ 172

本 人生論と言論戦、アジテーションと交通整理 宇野常寛 168

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス