日本でいちばん平凡な名前の出版社

逝きし世の面影

渡辺 京二
シリーズ・巻次 平凡社ライブラリー  552
出版年月 2005/09
ISBN 9784582765526
Cコード・NDCコード 0321   NDC 210.6
判型・ページ数 B6変   606ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次

昭和を問うなら開国を問え。そのためには開国以前の文明を問え……。幕末から明治に日本を訪れた、異邦人による訪日記を読破。日本近代が失ったものの意味を根本から問い直した超大作。

第1章 ある文明の幻影
第2章 陽気な人びと
第3章 簡素とゆたかさ
第4章 親和と礼節
第5章 尾雑多と充溢
第6章 労働と身体
第7章 自由と身分
第8章 裸体と性
第9章 女の位相
第10章 子どもの楽園
第11章 風景とコスモス
第12章 生類とコスモス
第13章 信仰と祭
第14章 心の垣根

あとがき
平凡社ライブラリー版 あとがき

解説 共感は理解の最良の方法である 平川祐弘

参考文献
人名索引

関連書籍

日本詩歌思出草

日本詩歌思出草

思想家・渡辺京二による珠玉のアンソロジー

父母(ちちはは)の記

父母(ちちはは)の記

思想史家・渡辺京二が昭和を語る回想記。

幻影の明治

幻影の明治

「正史」を異化する物語

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス