日本でいちばん平凡な名前の出版社
「中国模式」の衝撃

「中国模式」の衝撃

チャイニーズ・スタンダードを読み解く

近藤大介
シリーズ・巻次 平凡社新書  624
出版年月 2012/01
ISBN 9784582856248
Cコード・NDCコード 0230   NDC 302.22
判型・ページ数 新書   280ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次
「中国模式」。それは、中国独自の発展モデル。アメリカを急追するアジアの覇権国家の内実を知るには、まずこれを知る必要がある。生活・ビジネスから外交戦略まで、その等身大の姿を伝える。 「中国模式」――。その意味するところは、
中国独自の発展モデル、発展基準、発展方式。
中国ではいま、この言葉が流行し、
政治指導者も発言のなかで頻繁に用いている。
アメリカを急追するアジアの覇権国家の
内実を知るには、この「中国模式」について知る必要がある。
生活、ビジネス、経済、政治、外交に関して、
中国模式――その等身大の姿を伝える。
まえがき…………9

第一章 過渡期の中国社会――生活編…………13
1 住宅事情…………14
『ホーンテッド・マンション』の世界/北京の二重構造社会/凄まじい家賃の高騰
ひと晩の現場監督で得た教訓/マンションの高騰が最大の人口抑制策
北京市政府の「鎖国政策」/不動産偽装結婚
2 交通事情…………34
常にチキンレース/空から椅子が降ってくる/客同士のタックル
サービスの極意を心得た白タク/渋滞で二時間遅れの夕食会
次に危ないのは北京の地下鉄一号線/ハードとソフトが未熟な高速鉄道

第二章 対中交渉の極意――ビジネス編…………53
1 中国で働くということ…………54
ノイローゼが後を絶たない日本人駐在員/現地採用の中国人との関係
世の中で頼れるのはカネだけ/カネへの執着は周囲への不信の裏返し
「使う人は疑うなかれ、疑う人は使うなかれ」/個性的な中国人社員に四苦八苦
日本とは比較にならない競争社会/「二八歳の岐路」
2 中国企業とどう付き合うか…………73
想定外の理由で契約を反古に/「三人寄れば文殊の知恵」とは対極
日中プロジェクトが成功しないわけ/モノを言う日本企業

第三章 「昇龍」のゆくえ――経済編…………89
1 経済成長はどこまで続くか…………90
抜き去った日本に興味なし/「経済強国」建設のポイント
2 富裕層と庶民層…………94
オークション大国、中国/内需拡大論争/狂乱物価の時代が到来/「国栄えて民滅ぶ」
月餅税論争
3 国有企業と民営企業…………110
国有企業の海外進出/「中国のソニー」も自転車操業
中小企業の故郷、温州でサラ金が跋扈
4 共産党が描く青写真…………123
中国共産党によるマニフェスト
5 人民元国際化…………131
人民元国際化に関するバイブル/「第三の基軸通貨」へ/IMF利権獲得への執念
ドルとの訣別宣言/日本に迫る「人民元経済圏」の波
アメリカ発国債危機の中国への影響/経済学者、王建氏の警鐘
中国が欧米危機を救うために突きつけた条件

第四章 「中南海」の実相――政治編…………159
1 独特の政治システム…………160
「トップ9」の合議制ですべてが決まる/抜き打ちの軍事パレード予行演習
現代版「赤化運動」/緒についたばかりの中国の“選挙?
2 派閥と権力争い…………178
中国政治の派閥/太子党の系譜/団派の系譜/胡錦濤はなぜ自らの後継争いに負けたか
3 習近平政権のゆくえ…………192
胡錦濤が習近平にかけた保険/習近平に対する包囲網/胡錦濤が打った「次の次」の布石
習近平の権力の源泉/「重慶模式」とは

第五章 アメリカにどう挑むか――外交編…………209
1 暗中模索のG2時代…………210
中国外交、すなわち対米外交/アメリカは最大の障害物/海図もない航海
2 米中冷戦の勃発…………218
アメリカとの六〇日戦争/冷戦の予兆に過ぎなかった「コペンハーゲン対決」
アメリカ企業への個別攻撃
3 通貨戦争…………225
通貨戦争とイランの核開発問題/BRICsの結束/「陸の軍隊」から「海の軍隊」へ
中国を標的にした「為替改革促進法」/たびたびの米中緊急会談
花火外交でアメリカ封じ込め/アメリカに翻弄され続けた一年
4 絶えない火種…………245
胡主席が強調した「求同存異」/文面が変わった共同声明/攻めに転じた中国
軍事面でも一触即発/「リターン・トゥ・アジア」=中国包囲網
大国の狭間で揺れるASEAN/アメリカ国債問題/バイデン副大統領訪中の目的
人治国家から法治国家に移行できるか/TPPという「経済的中国包囲網」
ミャンマーを巡る攻防

あとがき 「中国模式」と「日本様式」…………275

関連書籍

ルポ 隠された中国

ルポ 隠された中国

知られざる中国の一面に光をあてる。

中国人の本音

中国人の本音

北京特派員が見た「抗日」の真実とは

金正恩の正体

金正恩の正体

北朝鮮の権力最深部を抉るドキュメント。

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス