日本でいちばん平凡な名前の出版社
ビートルズは音楽を超える

ビートルズは音楽を超える

武藤 浩史
シリーズ・巻次 平凡社新書  691
出版年月 2013/07
ISBN 9784582856910
Cコード・NDCコード 0273   NDC 764.7
判型・ページ数 新書   240ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次
階級横断的な概念「ミドルブラウ」をキーワードに、ビートルズとお笑いの関係、彼らの身ぶりや言葉・歌詞を丹念にたどり、音楽を超えた歴史的意義と普遍性について論じる。 少女たちが音楽を聴かずに絶叫したのにも理由はあった。
音と声のほかに、身体の動きがあり、言葉があった
階級横断的な概念「ミドルブラウ」をキーワードに、
ビートルズとお笑いの関係、彼らの身ぶりや言葉・歌詞を丹念にたどり、
音楽を超えた歴史的意義と普遍性について論じる。
20世紀文化史の中のビートルズ!
はじめに──歴史と普遍、身体、言語
第一章 ビートルズと二〇世紀英国ミドルブラウ文化
一 階級の困難
二 ビートルズを魅了したグーンたち
三 ミドルブラウとは?
四 ジョン・レノンはラディカル・ミドルブラウ
五 ポール・マッカートニーはもっとミドルブラウ
第二章 笑うビートルズ
一 イギリスの「お笑い」
二 ビートルズの喜劇精神
三 言葉を超えた創造性
四 ビートルズと「お笑い」文化
五 ビートルズとジャズ
第三章 つながる孤高と叡知
一 ビートルズの「つながる力」
二 『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』
三 映画『マジカル・ミステリー・ツアー』
四 「つながる孤高」から「つながる孤高」へ
エピローグ ビートルズは危険でもある
あとがき
参考資料
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス