日本でいちばん平凡な名前の出版社
往生写集

往生写集

荒木経惟
出版年月 2014/04
ISBN 9784582278118
Cコード・NDCコード 0072   NDC 748
判型・ページ数 B5   336ページ
在庫 在庫あり
この本の内容

「荒木経惟 往生写集」展にあわせて刊行された写真集。第1回太陽賞受賞作「さっちん」や「センチメンタルな旅・冬の旅」「チロ愛死」などの名高い作品から、最新作「8月」「去年の戦後」「道路」まで、荒木が50年にわたって見つめてきた生と死のすべてを収録。写真点数=300点(モノクロ/カラー)。執筆=浜田優、マリオ・ペルニオーラ、藤野可織。デザイン=名久井直子。和英併記。

収録作品(登場順)=空景(1990)、センチメンタルな旅(1971)、愛のバルコニー(1982-2011)、Aノ楽園(1998)、チロ愛死(2010)、冬の旅(1991)、センチメンタルな旅・春の旅(2010)、空景(1989-1990)、堕楽園(2011)、PARADISE(Pは左右反転が正式表記。2014)、さっちん(1964)、アラーキーのニッポン(仮、2005-2013)、新潟エレジー(1988)、裔像(1978)、センチメンタルな京都の夜(1972/2014)、東京夏物語(2005)、銀座(1965-1967)、 地下鉄'72(1972)、8月(2013)、去年の戦後(2013)、道路(2013)、東ノ空(2014)

「荒木経惟 往生写集」展=2014年4月22日~6月29日、豊田市美術館/8月9日~10月5日、新潟市美術館/10月22日~12月25日、資生堂ギャラリー。公式サイト http://www.museum.toyota.aichi.jp/ojo_shashu

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス