日本でいちばん平凡な名前の出版社
寺田寅彦 科学者とあたま

寺田寅彦 科学者とあたま

科学的精神と芸術的センスが融合した珠玉の随筆を生んだ寺田寅彦。科学者は頭が悪くなければならないと唱える表題作他14篇を収録。

寺田 寅彦
シリーズ STANDARD BOOKS  
出版年月 2015/12
ISBN 9784582531510
Cコード・NDCコード 0095   NDC 914.6
判型・ページ数 B6変   224ページ
在庫 在庫あり
この本の内容

科学と文学を横断する珠玉の随筆を集め、一作家を一冊で紹介する新シリーズ「STANDARD BOOKS」創刊! てのひらに収まるコンパクトサイズの本に、叡智がぎっしり。
科学的精神と芸術的センスが融合した珠玉の随筆を生んだ寺田寅彦。科学者は頭が悪くなければならないと唱える表題作他14篇を収録。

関連書籍

稲垣足穂 飛行機の黄昏

稲垣足穂 飛行機の黄昏

独特のモダニズム感覚から生れた珠玉の随筆

串田孫一 緑の色鉛筆

串田孫一 緑の色鉛筆

哲学者・詩人でもある著者の随筆約40篇

牧野富太郎 なぜ花は匂うか

牧野富太郎 なぜ花は匂うか

日本植物学の父、植物の魅力を語り尽くす

中谷宇吉郎 雪を作る話

中谷宇吉郎 雪を作る話

雪研究の第一人者による名作科学随筆13篇

岡潔 数学を志す人に

岡潔 数学を志す人に

日本人の心性や情緒を洞察した数学者の随想

岡 潔
野尻抱影 星は周る

野尻抱影 星は周る

軽妙洒脱に星を紹介した「星の文人」の魅力

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス