日本でいちばん平凡な名前の出版社
ローザの子供たち、あるいは資本主義の不可能性

ローザの子供たち、あるいは資本主義の不可能性

世界システムの思想史

アーレント以外は黙殺したルクセンブルクのマルクス批判を再評価、世界システム論に発展させたウォーラーステインを始とする系譜学。

植村 邦彦
出版年月 2016/06
ISBN 9784582703528
Cコード・NDCコード 0010   NDC 133
判型・ページ数 4-6   232ページ
在庫 在庫あり
この本の内容

ハンナ・アーレントはルクセンブルクの資本主義世界経済論と本源的蓄積論を評価、ローザの子供たちはそれを世界システム論に発展させた。

ウォーラーステインをはじめとする「四人組」の系譜学。

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス