日本でいちばん平凡な名前の出版社
こころ Vol.33

こころ Vol.33

新連載=最果タヒ「詩っぽい言葉~」/今さら知りたい①「宗教ってなんだろう?」島薗進/連載=村田喜代子ほか

最果 タヒ
島薗 進 ほか
シリーズ・巻次 こころ  33
出版年月 2016/10
ISBN 9784582380330
Cコード・NDCコード 0090   NDC 900
判型・ページ数 A5   168ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次

新連載=最果タヒ「詩っぽい言葉 酸っぱい言葉」/新シリーズ〔今さら知りたい〕①「宗教ってなんだろう?」島薗進/魯迅没後80年によせて=片山智行、尾鷲卓彦/連載=村田喜代子、野見山暁治、鹿島茂ほか

こころ Vol.33 2016 目次

◆エッセイ
4 相模原事件で問われるべきこと 野田正彰
6 言語圏をまたぐスイスの鉄道 今尾恵介
~魯迅没後80年によせて~
8 希望 片山智行
10 〈創作〉ドレイ日記 尾鷲卓彦
19 〈再録〉現代支那に於ける孔子様 魯迅

◆新連載
24 詩っぽい言葉 酸っぱい言葉 1 最果タヒ

◆連載小説
61 八幡炎炎記 第二部 9 村田喜代子

◆連載
32 思考の技術論 第三回 「直観」をめぐって 鹿島茂
48 最後の弟子が語る折口信夫 その十一 沖縄と折口信夫(一) 岡野弘彦
74 記憶のなかの人 33 巴里のヤマトダマシイ――粟津正蔵 野見山暁治
78 あること、ないこと 第二十六回──いつも同じところに来てしまう 吉田篤弘
86 見知らぬ記憶 10──この夏のこと 小林紀晴

◆新シリーズ 
102 今さら知りたい① 宗教ってなんだろう? 答える人=島薗進
119 宗教と文学──遠藤周作『沈黙』の舞台・長崎を訪ねて〈刊行50年記念イベント報告〉
126 再録・『心』名作館──鷹の話 中勘助

162 本 「時代の手触り」をどう伝えるか──西日本新聞社編『婦人の新聞投稿欄「紅皿」集 戦争とおはぎとグリンピース』 南陀楼綾繁

73 第三回晩成文学賞 最終候補作発表

執筆者紹介 166 /次号予告 167 /出版案内 168
デザイン=松田行正+杉本聖士

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス