日本でいちばん平凡な名前の出版社
荒汐部屋のすもうねこ

荒汐部屋のすもうねこ

モルとムギと12人の力士たち

東京・中央区にある相撲部屋・荒汐部屋の看板猫であるモルとムギ。猫2匹と力士たちとの日々の暮らしを収めた写真集。

荒汐部屋
安彦 幸枝 写真
出版年月 2016/11
ISBN 9784582278279
Cコード・NDCコード 0072   NDC 748
判型・ページ数 A5変   96ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次

 

 

 

 

 

荒汐部屋は、四十以上ある部屋の中でも、とびきり若い相撲部屋で 

関取の蒼国来関を含め、十二名の力士と行司、床山それぞれ一名が、 

ともに相撲道に精進しています。

 

そんな荒汐部屋では、二匹の看板猫、モルとムギが暮らしています。 

力士と二匹のねこが織りなす、相撲部屋の物語をお伝えします。 

 

おすもうさん×猫の幸せな関係!? 

いま一番話題の“すもうねこ”を撮りおろし! 

おかみさん自らが語る荒汐部屋の物語も充実! 

お相撲好きと猫好き読者にぴったりの一冊です!!

 

    

 

 

  

 

◎コラム
・始まりの日
・名づけ親は、蒼国来関
・招きねこ
・モルは兄弟子
・二人の親方
・部屋番ムギ
・お留守番
・浜町の荒汐部屋
・みんなで一緒に
・力士とモルの一日
・相撲部屋の世界
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス