日本でいちばん平凡な名前の出版社
知の操縦法

知の操縦法 新刊

反知性主義が横行するいま、求められている知とは何か。多元的な視点を身につけ、混迷する世界を生き抜く知の使い方を指南する。

佐藤 優
出版年月 2016/11
ISBN 9784582824841
Cコード・NDCコード 0093   NDC 914.6
判型・ページ数 4-6   208ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次

 ヘイト本、安保法制、歴史問題……
反知性主義が横行するいま、求められている知とは何か――。

 

情報が氾濫するインターネット社会で
ブレない思考の枠組みをつくり、
多元的に世界を見るための知の使い方を
佐藤優が徹底指南!!

 

【目次】
第1章 いま求められている知とは何か
日本にはびこる反知性主義/「ビリギャル」に見る新自由主義
高等教育で身に付けるべき知/断片的な知を結びつける体系知
知のスタンダード百科事典と進化し続けるWikipedia/知は時代に応じて変化する
まず型にはまった知を身に付ける/佐藤優をつくりあげた百科事典
知識の欠損をどう埋めていくか/いまこそ体系知を見直す

第2章 知の枠組みを身に付ける
先行する思想の鋳型を知る/人工知能と倫理/技術の進歩は時代の枠組みを超える
時代の視点を残す/動物と人間は同等なのか/複合アイデンティティをつかむ

第3章 知の系譜を知る
ギリシャ古典哲学とキリスト教/無意識を共有するマジック││錬金術とSTAP事件
目には見えないものをどうとらえるか/「ある」を説明する難しさ
村上春樹の小説に描かれた「猿」/読む力と伝える力/哲学史の型をおさえる
哲学書をどう読み進めるか/型をおさえないとでたらめに/必ずしも原著を読む必要はない

第4章 哲学の知を生かす
哲学者ヘーゲル/実用教育と学問研究は両立しない/体系知とは大きな物語である
事実と伝承の線引き/玉虫色の安保改正法/国内法VS国際法
複雑化した問題をどう読み解くか/哲学者の社会への視点をつかむ

第5章 知の技法を培う
現実の出来事を見るために古典を読む/対話による思考法/自己絶対化しないための思考法
理性による分析では表せないもの/現実世界は常に「運動」している/独断論と不可知論
全体主義と普遍主義/真の知とは何か/多元的なヘーゲルの読み方/アナロジーの技法
集中と選択を経た理解/学に至る道そのものが学である

第6章 知を実践する
社会生活の悩みにヘーゲルを生かす/具体例を出す訓練/哲学用語とドイツ語
弁証法に終わりはない/形而上学のとらえ方/「矛盾」「対立」「差異」の違い/要約と敷衍の訓練
危機の時代における弁証法/人権と神権の対立/歴史に終わりはあるのか?
キリスト教圏と日本の歴史観/歴史認識とは何か
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス