日本でいちばん平凡な名前の出版社
こころ Vol.34

こころ Vol.34 新刊

第三回晩成文学賞(最終)受賞作発表・一挙掲載! 講評=村田喜代子ほか/新連載=半藤一利「世界史のなかの昭和史」ほか。

半藤一利、村田喜代子ほか
シリーズ・巻次 こころ  34
出版年月 2016/12
ISBN 9784582380347
Cコード・NDCコード 0090   NDC 900
判型・ページ数 A5   160ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次

第三回晩成文学賞(最終)受賞作発表・一挙掲載! 講評=村田喜代子ほか/新連載=半藤一利「世界史のなかの昭和史」/連載=野見山暁治、鹿島茂、最果タヒ、吉田篤弘ほか

◆エッセイ
4 新聞はどこへ行く? 星野博美
6 好きこそ街の上手なれ 岸本千佳
8 加藤九祚さんと石巻 大島幹雄

10 ~加藤九祚さんを偲んで~

◆新連載
12 半藤一利 世界史のなかの昭和史 第一話 摂政裕仁親王の五年間

42 第三回晩成文学賞 受賞作決定
43 受賞のことば 三島麻緒
44 講評 村田喜代子 作為を超えたものの力
45 講評 半藤一利 記憶を記録する描写の巧みさ
46 受賞作 三島麻緒 千年の墓標  

◆対談
84 鈴木孝夫+平田オリザ 「下山の時代」を生きる
◆連載
32 最後の弟子が語る折口信夫 その十二 沖縄と折口信夫(二) 岡野弘彦
93 思考の技術論 第四回 言葉という悪しき習慣 鹿島茂
108 詩っぽい言葉 酸っぱい言葉 2 最果タヒ
116 あること、ないこと 第二十七回──チョコレート・ガール探偵譚1 吉田篤弘
124 記憶のなかの人 34 一途にマンネン――萬年甫 野見山暁治
128 〈小説〉八幡炎炎記 第二部 10 村田喜代子

◆シリーズ
142 今さら知りたい② 絵と文字の関係とは? 

154 本 時空を乗り越え、迷宮に挑む
──梯久美子『狂うひと──「死の棘」の妻・島尾ミホ』 西木正明


執筆者紹介 158 /次号予告 159 /出版案内 160

デザイン=松田行正+杉本聖士

関連書籍

こころVol.35

こころVol.35

シルクロード再入門/築地市場の今を歩く

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス