日本でいちばん平凡な名前の出版社
新 荒唐無稽音楽事典

新 荒唐無稽音楽事典

音楽の世界を縦横無尽に綴った『荒唐無稽音楽事典』の私家版に全面的な加筆修正を行ない完全版を刊行。音楽を愛するすべての人へ。

高木 壮太
出版年月 2017/02
ISBN 9784582837506
Cコード・NDCコード 0073   NDC 760
判型・ページ数 4-6   272ページ
在庫 在庫あり
この本の内容

 

私家版『荒唐無稽音楽事典』(2014年、焚書舎)に約100項目の増補をし、全面的に加筆修正を行った全1730項目の完全版。音楽の世界を縦横無尽に楽しむための知的財産危険図書。

 

 

 

◆目次

 

≪内容≫ ※本文より一部抜粋

 

 

X JAPAN】えっくす‐じゃぱん〔バンド〕
NHK
ホールには日本最大のパイプオルガンがある。レピッシュのひとが借りに行ったら断られたそうだ。ところがYOSHIKIには簡単に貸した。世の中ヤンキーに優しくサブカルに厳しいという例である。

 

 

【セルジュ・ゲンズブール】Serge Gainsbourg1928-1991)〔人物〕

 

世の女性に「嫌いな男性のタイプは?」と訊くと99%が「不潔なひと」と答える。セルジュ・ゲンズブールは2年くらい風呂に入らず、アルバート・アインシュタインみたいな髪形になって、ぼろぼろの服を着ていたのに、ブリジット・バルドー、アンナ・カリーナ、ジェーン・バーキン、バンブーと絶世の美女に惚れられた。矛盾である。

 

 

【ヘッドフォン】headphone〔電気〕

 

スタジオで演奏に集中しているミュージシャンに出前が届いたことを知らせる装置。

 

 

【ロック】rock〔ジャンル〕

 

リズム&ブルーズやカントリーを元に発達した、大人たちの消費主義や社会への服従に対する若者たちの反抗の表現音楽である。取り仕切っているのはもちろん消費主義の大人たちである。

 

 

 

そのほかに下記が収録されている。

 

凡例/音楽史年表(有史以前~21世紀)/付録(ギター各部の名称、各地域で最も人気のあるバンド、音域表)/平凡社版によせて

 

 

◆著者略歴

 

高木壮太(たかぎ・そうた)

 

1968年徳島県生まれ。鍵盤奏者。1990年代よりスタジオミュージシャン、音楽作家として活動を始める。数々のバンドのサポートミュージシャンとしても国内外で活躍し、現在はファンクバンド「CAT BOYS」キーボーディストや「井の頭レンジャーズ」プロデューサーとしても活躍。著書に『プロ無職入門』(P-Vine Books)。映像作品に『RAWLIFEとその時代』。

 

 

 

 

 

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス