日本でいちばん平凡な名前の出版社
まぬけなこよみ

まぬけなこよみ 新刊

七十二候を芥川賞作家が書いたらどうなった? 骨正月、猫の恋、蚯蚓鳴く……。四季の言葉から生まれた脱力系歳時記エッセイ。

津村 記久子
出版年月 2017/04
ISBN 9784582837575
Cコード・NDCコード 0095   NDC 914.6
判型・ページ数 4-6   304ページ
在庫 在庫あり
この本の内容

七十二候を芥川賞作家が書いたらどうなった? 骨正月、猫の恋、衣替え、蚯蚓鳴く……。四季の言葉から生まれた脱力系歳時記エッセイ。ウェブ平凡の人気連載、待望の書籍化。

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス