日本でいちばん平凡な名前の出版社
カラー版 東京凸凹地形散歩

カラー版 東京凸凹地形散歩

東京は崖あり谷あり、スリバチありの地形パラダイス!山手から下町・郊外まで23エリアを標高差がわかるデジタル地図とともに紹介。

今尾 恵介
シリーズ・巻次 平凡社新書  842
出版年月 2017/04
ISBN 9784582858426
Cコード・NDCコード 0244   NDC 454.9
判型・ページ数 新書   208ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次

 

東京は地形パラダイス!

 

地形が好きになると、普段は「迷惑な存在」だった

 

坂道や崖地も、魅惑のスポットに様変わり。

 

ご先祖が築いた用水や築堤、

 

切り通しや盛り土などの痕跡をたどれば、

 

地形とともに生きてきた、東京の歴史が見えてくる。

 

山手から下町・郊外まで23エリアを

 

標高差が一目でわかるデジタル地図とともに紹介。

 

見て読んで歩いて楽しい一冊!

 

はじめに
地形用語集

第1章 都心・山の手編
雑司が谷・音羽──音羽川と弦巻川を遡る
神楽坂・飯田橋──江戸から続く坂の名所
四谷・市谷──玉川上水の終着点は「スリバチ」の聖地
赤坂・永田町──一二万年前の海底は陰影の濃い凸凹へ
六本木・麻布──急勾配の坂道に囲まれる
白金・高輪──台地と谷戸が入り組む複雑な地形

第2章 都心・下町編
上野・谷中──縄文時代の海岸が長大な崖に
本郷・御茶ノ水──本郷台地から江戸名所の渓谷へ
日比谷・銀座・日本橋──日比谷入江の埋め立てから始まった
浅草・向島──お寺のある場所は安全地帯か!?
砂町・東陽町──運河と水路が賑わいをつくった

第3章 山の手・西北編
新宿・大久保──大久保で「窪」を探せ!
渋谷──谷筋の二つの川を歩く
目白・落合──二つの川が「落ち合う」場所に
王子・滝野川──地形の歴史は石神井川とともに
赤羽・西が丘──海食崖にある三つの谷を行く
戸越銀座・大井町──「日本一長い商店街」は谷沿いに

第4章 武蔵野・郊外編
洗足・大岡山──荏原台の尾根に広がる町
自由が丘・等々力──河川争奪の歴史をひもとく
下北沢・明大前──玉川上水が蛇行するところ
荻窪・阿佐谷──住宅地で凸凹を見つける面白さ
小金井・国分寺──「ハケの道」をたどる
日野・豊田──段丘を通り抜ける中央線

おわりに
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス