日本でいちばん平凡な名前の出版社
茶の湯

茶の湯 新刊

時代とともに生きた美

茶の湯の歴史を新しい視点で解説するとともに、格調高い美の世界を一流の茶碗、茶道具、絵画、墨跡、茶室の図版で網羅した決定版。

別冊太陽編集部
シリーズ・巻次 別冊太陽 > 日本のこころ  251
出版年月 2017/05
ISBN 9784582922516
雑誌コード 6620135
Cコード・NDCコード 9476   NDC 791
判型・ページ数 A4変   176ページ
在庫 在庫あり
この本の内容

 

「茶の湯」の文化がはじまった鎌倉時代から、近代数寄者の時代までの歴史を第一線で活躍する筆者が新しい視点で解説。

格調高い美の世界を一流の茶碗、茶道具、絵画、墨跡、茶室の図版で網羅した決定版! 

脈々と受け継がれてきた日本の伝統文化を再発見するビジュアル入門書。

 ●主な執筆者   

 神津朝夫(茶道史家)

 谷端昭夫(裏千家学園講師)

 原田茂弘(表千家不審菴文庫主席研究員)

 依田徹(遠山記念館学芸員)

●創刊45周年記念エッセイ

 葉室麟(作家)

 藤森照信(建築史家・建築家)

 泉田玉堂(大徳寺松源院住職)

●目次

 茶の心をたずねる—茶の湯名言により

 筒井紘一(裏千家今日庵文庫長)

 1章 茶の湯の前史 神津朝夫(茶道史家)

 2章 わび茶の大成 神津朝夫(茶道史家)

 3章 武家の茶 谷端昭夫(裏千家学園講師)

 4章  茶道への展開と利休の道統 原田茂弘(表千家不審菴文庫主席研究員)

 5章 近代の茶道 依田徹(遠山記念館学芸員)

スペシャル対談 林屋晴三×千宗屋

想いを重ねて見える「茶の美」

逸品の茶道具に出会える美術館

茶の湯関連年表

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス