日本でいちばん平凡な名前の出版社
南方熊楠 人魚の話

南方熊楠 人魚の話 新刊

生誕150周年の知の巨人の膨大な原稿を1冊に精選。自然科学、民俗学、宗教学等を横断し、古今東西を渉猟できる未知の読書体験

南方 熊楠
シリーズ STANDARD BOOKS  
出版年月 2017/06
ISBN 9784582531619
Cコード・NDCコード 0095   NDC 914.6
判型・ページ数 B6変   224ページ
在庫 在庫あり
この本の内容

今年生誕150周年を迎えた知の巨人の遺した膨大な原稿を1冊に精選。自然科学、民俗学、宗教学、歴史学、文学を軽々と横断し、古今東西を渉猟できる未知の読書体験がここに。

関連書籍

南方熊楠と説話学

南方熊楠と説話学

日本の説話学の未踏査の可能性を南方に探る

日髙敏隆 ネコの時間

日髙敏隆 ネコの時間

動物行動学の第一人者の、機知に満ちた随筆

神谷美恵子 島の診療記録から

神谷美恵子 島の診療記録から

患者に寄り添い、たおやかに生きた精神科医

南方熊楠 人魚の話

南方熊楠 人魚の話

古今東西を渉猟した知の巨人を1冊で楽しむ

中西悟堂 フクロウと雷

中西悟堂 フクロウと雷

日本野鳥の会創立者が描く、溢れる鳥への愛

湯川秀樹 詩と科学

湯川秀樹 詩と科学

日本初のノーベル賞学者の観察眼と人間愛

朝永振一郎 見える光、見えない光

朝永振一郎 見える光、見えない光

ノーベル賞学者一流のユーモアと粋が満載

稲垣足穂 飛行機の黄昏

稲垣足穂 飛行機の黄昏

独特のモダニズム感覚から生れた珠玉の随筆

串田孫一 緑の色鉛筆

串田孫一 緑の色鉛筆

哲学者・詩人でもある著者の随筆約40篇

牧野富太郎 なぜ花は匂うか

牧野富太郎 なぜ花は匂うか

日本植物学の父、植物の魅力を語り尽くす

中谷宇吉郎 雪を作る話

中谷宇吉郎 雪を作る話

雪研究の第一人者による名作科学随筆13篇

寺田寅彦 科学者とあたま

寺田寅彦 科学者とあたま

科学と文学を横断した物理学者珠玉の随筆集

野尻抱影 星は周る

野尻抱影 星は周る

軽妙洒脱に星を紹介した「星の文人」の魅力

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス