日本でいちばん平凡な名前の出版社
川瀬巴水 決定版

川瀬巴水 決定版 新刊

日本の面影を旅する

全国の名所を版画に描き「昭和の広重」とも称された川瀬巴水。近年、人気が高まる巴水の代表作品や原画、スケッチなどを一挙に紹介。

清水 久男
シリーズ・巻次 別冊太陽 > 日本のこころ  252
出版年月 2017/06
ISBN 9784582922523
雑誌コード 6620136
Cコード・NDCコード 9471   NDC 721.8
判型・ページ数 A4変   184ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次

 

日本全国を旅し、四季折々の風景を描いた巴水。

大正・昭和に勃興した“新版画”の旗手として生涯に遺した約700図の木版画は、

今も人々の心に、日本の在りし日の姿を呼び起こす──。

“旅情詩人”とも称された、その画業に迫る。

 

★200点超の代表作を網羅し、人気シリーズ『東京十二題』『東京十二ヶ月』『東京二十景』『朝鮮八景』は全作品を収録!

★各章扉には、巴水の旅の軌跡が分かる地図を掲載。

★原画・スケッチもあわせて掲載。

★各作品への詳細な解説、巴水の生涯と時代背景がわかるコラムも充実!!


川瀬巴水中面

 

 

≪目次≫
◎版元・渡邊版画店が選ぶ、巴水10選  渡邊章一郎

1.新版画への目覚め、旅のはじまり──『塩原連作』『旅みやげ第一集』
2.東京を描く──『東京十二題』『東京十二ヶ月』
3.より遠くへ、西日本への旅──『旅みやげ第二集』『日本風景選集』
4.関東大震災、そして生涯最長の旅へ──『日本風景選集』『旅みやげ第三集』
5.最盛期の代表作──『東京二十景』、単独作品
6.さまざまなテーマを描く──『東海道風景選集』『元箱根見南山荘風景』『新東京百景』、富士景……
7.大型シリーズ『日本風景選集』に挑む──『日本風景集』(東日本篇/関西篇)
8.朝鮮への旅と表現の模索──『朝鮮八景』『続朝鮮風景』
9.戦後 美しい風景を求めて

◎特別寄稿 大林宣彦
覚悟と断念の果てに、記憶が焙り出されてくる──巴水が留めた、普遍のわが古里・尾道

◎コラム
・巴水が牽引した「新版画」とは──版元・渡邊庄三郎と新版画運動
・巴水の名を世界に知らしめた「三菱深川別邸の図」
・馬込、一番面白い時代──巴水の引っ越し、経済事情
・旅と写生帖
・ゆめごゝろ、何をか思ふ……巴水の人物画
・海外向けポスターとカレンダー
・戦時中の巴水

◎「若狭……久出の濱」木版畫順序摺
◎巻末とじ込み付録 原寸大「芝増上寺 東京二十景」
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス