日本でいちばん平凡な名前の出版社
こころ Vol.38

こころ Vol.38 新刊

嵐山光三郎+磯田道史「連歌の流行と俳諧の誕生」/村田喜代子「八幡炎炎記」最終回/連載=半藤一利、星野博美、鹿島茂、最果タヒ他

嵐山光三郎、磯田道史ほか
シリーズ・巻次 こころ  38
出版年月 2017/08
ISBN 9784582380385
Cコード・NDCコード 0090   NDC 900
判型・ページ数 A5   160ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次

嵐山光三郎+磯田道史「連歌の流行と俳諧の誕生」/村田喜代子「八幡炎炎記」最終回/増川宏一「江戸の目明し」( 下)/連載=半藤一利、星野博美、野見山暁治、最果タヒほか

こころ Vol.38 2017 目次

◆エッセイ
4 ゴマどろぼうとサンマの煙 船曳由美
6 永六輔さんのこと 隈元信一
8 政治家不信に効くマンガ 吉村和真

◆対談 西行から芭蕉へ その二
10 嵐山光三郎+磯田道史 
連歌の流行と俳諧の誕生 ──戦争広告代理店としての連歌師!?──
◆連載小説
40 八幡炎炎記 最終回 村田喜代子
◆よみもの
64 江戸の目明し(下) 増川宏一 
◆連載
55 詩っぽい言葉 酸っぱい言葉 6 最果タヒ
72 旅ごころはリュートに乗って 第三話 モンセラートの朱い本「死に向かって走ろう」 星野博美
83 司書のホンのひとりごと 2 未完の魅力 佐藤美加
84 思考の技術論 第八回 「思いもよらぬ脈絡」の啓示 鹿島茂
100 最後の弟子が語る折口信夫 その十六 日本人の神 岡野弘彦
110 あること、ないこと 第三十一回──チョコレート・ガール探偵譚 5 吉田篤弘
118 記憶のなかの人 38 丘の上のカスティロ――石川ヨシ子 野見山暁治
122 世界史のなかの昭和史 第五話「複雑怪奇」と世界大戦勃発――昭和十四年 半藤一利

◆特別企画
151 再録・『心』名作館──鈴木大拙「日本的霊性的なるもの」 

162 本 東芝崩壊への「中間報告」──FACTA編集部『東芝 大裏面史』 清武英利

執筆者紹介 166 /次号予告 167 /出版案内 168

関連書籍

八幡炎炎記

八幡炎炎記

製鉄の町、八幡が舞台の著者初の自伝的小説

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス