日本でいちばん平凡な名前の出版社
故郷

故郷 これから出る本

日本統治下で、収奪され荒廃する朝鮮農村で、支え合いながら生きる村人や若者たちの恋愛感情が織りなす世界をリアルに描く。

李 箕永
大村 益夫
シリーズ・巻次 朝鮮近代文学選集  8
出版年月 2017/08
ISBN 9784582302400
Cコード・NDCコード 0398   NDC 929.1
判型・ページ数 4-6   552ページ
在庫 未刊・予約受付中
この本の内容

ピョンヤンの愛国烈士陵に眠る李箕永(1895~1984)は、朝鮮プロレタリア文学を代表する作家であり、『故郷』はその最高傑作として今でも南北で共通する高い評価をうけている。日本統治下の1920年代末、収奪され荒廃する朝鮮農村で、支え合いながら生きる村人や若者たちの恋愛感情が織りなす世界をリアルに描く。

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス