日本でいちばん平凡な名前の出版社
入門 資本主義経済

入門 資本主義経済 新刊

不況、格差・貧困問題、将来不安……、新自由主義により社会的統御から解き放たれた競争的市場経済は、私たちに何をもたらしたか!?

伊藤 誠
シリーズ・巻次 平凡社新書  866
出版年月 2018/02
ISBN 9784582858662
Cコード・NDCコード 0233   NDC 332.06
判型・ページ数 新書   304ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次

近代以降の資本主義のしくみは、市場経済の担い手としての個人の自由で平等な基本的人権を認めあう理念をもたらし、高度な生産力を達成してきた。だが、現実には、格差の拡大や貧困など、経済生活上の困難を広げてきたのではないか。それは、いったいなにを意味しているのだろうか……。
本書では、こうした問題の根本への理解を深めるために、資本主義の特性や歴史を、体系的に学びなおす。

 

はじめに
第1章 資本主義の基本的なしくみ
1 市場経済社会の理念と現実
2 資本主義経済の存立構造
(1)市場経済のしくみ (2)資本の生産過程
3 三大階級とその経済的基礎
(1)労働賃金 (2)剰余価値の分配諸形態 (3)地代と土地所有
第2章 資本主義のダイナミズム
1 分業の効果と技術革新
2 資本主義における人口法則
3 景気循環と恐慌
(1)典型的景気循環と恐慌 (2)景気循環と周期的恐慌の原理 (3)景気循環の変容と 長期波動
第3章 資本主義の発展段階
1 資本主義と近代国民国家の発生
(1)世界市場と商人資本の役割 (2)羊毛工業の興隆と労働力商品の創出 (3)近代国 民国家の形成と重商主義政策
2 資本主義の確立と自由主義
(1)イギリスの産業革命と綿工業の発展 (2)産業資本の自立的発展 (3)自由主義政策
3 金融資本の成長と帝国主義
(1)大不況とイギリス金融資本の形成 (2)後発的資本主義国ドイツ、アメリカの発展(3)帝国主義政策から世界戦争へ
第4章 現代資本主義の歴史的位相
1 危機の三〇年
(1)相対的安定期 (2)世界大恐慌 (3)ブロック経済化から第二次世界大戦へ
2 資本主義先進諸国の高度成長
3 新自由主義とグローバル化の時代
(1)新自由主義とはなにか (2)労働市場の再編とグローバリゼーション (3)金融化資本主義とその不安定性
4 進諸国の衰退と深まる多重危機
(1)先進諸国の衰退 (2)途上諸国の分化と高成長 (3)資本主義のゆくえ
第5章 本資本主義、その成長と衰退
1 発的資本主義化の挑戦
2 後の高度成長
3 ャパン・アズ・ナンバーワンへ
4 退の軌跡とその世界史的意義
(1)複合不況 (2)産業空洞化と格差拡大 (3)少子高齢化 (4)資本主義の限界
第6章 本主義はのりこえられるか
1 期社会主義の夢
2 想から科学へ
3 連型社会主義の成長と崩壊
4 一世紀型社会主義の可能性
参考文献一覧


  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス