日本でいちばん平凡な名前の出版社
「脱原発」への攻防

「脱原発」への攻防

追いつめられる原子力村

安倍政権下でも原発再稼働は進まず、電力自由化、東芝の経営危機、損害賠償裁判など、「ムラ」は確実に追いつめられている──。

小森 敦司
シリーズ・巻次 平凡社新書  867
出版年月 2018/02
ISBN 9784582858679
Cコード・NDCコード 0254   NDC 543.5
判型・ページ数 新書   272ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次

安倍政権下でも進まない原発再稼働。さらに、電力自由化、東芝の経営危機、東京電力の経営問題での対立、国と東電の損害賠償裁判、東電元幹部強制起訴など、「ムラ」は確実に窮地に立ちつつある──。
菅直人元首相、河野太郎外務大臣などキーパーソンへのインタビュー、ふるさと喪失訴訟や、東電元幹部の津波対策への責任を問う裁判など、最新の状況も満載。
原発事故から7年取材を続ける記者が綴る。

はじめに

第1章 電力自由化で攻防激しく
1 原産協会会長の危惧と東芝危機
2 崩れる9電力の地域独占
3 電源シフトへ大手電力の壁
4 実力付ける再生可能エネルギー
5 「事故費用の備え」をどうするのか

第2章 東電の実質国有化と国民への負担転嫁
1 東電が負う「責任と競争」
2 事故の賠償「免責通じぬ」
3 廃炉、賠償で国民の負担増へ
4 21・5兆円割り振り 短期決着
5 経営トップ人事 生え抜き「完敗」

第3章 何が起きたか、どう再生するか──当事者、被災者に聞く
1 首都圏避難だったら地獄絵だった──元首相・菅直人氏
2 なぜ「伝家の宝刀」を使わなかったのか──元四国電力社員・松野元氏
3 人間の生きる尊厳を奪われた──ひだんれん共同代表・武藤類子さん
4 線量基準は私たちが決めるべき──チェルノブイリ法研究者・尾松亮氏
5 福島再生、公害の教訓に学ぶべき──大阪市立大学教授・除本理史氏

第4章 電力・原発をどうするのか──政治家、専門家に聞く
1 賠償、現状回復 東電は責任果たせ──衆議院議員・河野太郎氏
2 差し止め訴訟 「原発いらない」世論が支え──元裁判官・井戸謙一氏
3 自然エネルギー、爆発的普及期に──自然エネルギー財団局長・大林ミカさん
4 「原発のごみ」、総量に上限を──原子力資料情報室共同代表・伴英幸氏
5 東芝の海外原発、失敗は必然だった──専門誌編集長・宗敦司氏

第5章 「ふるさと喪失」は償われるのか
1 住職は地域が消えると恐れた
2 主婦は戻れないと思った
3 「ふるさと」を失ったのだ
4 なぜ、裁判で闘うのか
5 「納得できない」と集団訴訟に

第6章 津波への対策は十分だったのか
1 1枚のCD―ROMに
2 「ない」はずの資料が
3 警告は無視されたのか
4 「起訴すべき」と検察審査会
5 対策は「不可避」だった?

あとがき

関連書籍

日本はなぜ脱原発できないのか

日本はなぜ脱原発できないのか

産官政学メディアが癒着した巨大利権の実態

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス