日本でいちばん平凡な名前の出版社
天皇陵と近代

天皇陵と近代 新刊

地域の中の大友皇子伝説

明治期、大友皇子の墓は滋賀県長等山前に治定されたが、千葉県君津市の古墳との異説が長く主張された。運動はなぜ執拗に続いたか。

宮間 純一
シリーズ・巻次 ブックレット 〈書物をひらく〉  11
出版年月 2018/05
ISBN 9784582364514
Cコード・NDCコード 0323   NDC 288.46
判型・ページ数 A5   92ページ
在庫 在庫あり
この本の内容

明治に天皇号を与えられた大友皇子の墓は滋賀県長等山前に治定された後も、本当は千葉県君津市の古墳であるとの異説が長く主張された。運動はなぜ執拗に続いたか。

関連書籍

神代文字の思想

神代文字の思想

近世に作られた神代文字文献に探る多様な知

熊野と神楽

熊野と神楽

湯立、縁起と神楽の生成に探る熊野の聖性

南方熊楠と説話学

南方熊楠と説話学

説話学の未踏査の可能性を南方熊楠に探る

聖なる珠の物語

聖なる珠の物語

宝の珠をめぐる言説の重奏と編成される聖地

江戸の博物学

江戸の博物学

琉球の本草学や大名の鳥飼など博物知の展開

和算への誘い

和算への誘い

近世に花開いた日本独自の数学・和算の展開

園芸の達人 本草学者・岩崎灌園

園芸の達人 本草学者・岩崎灌園

日本初彩色植物図鑑『本草図譜』著者の仕事

和歌のアルバム

和歌のアルバム

歌集を編む際、俊成はなぜ歌言葉を変えたか

異界へいざなう女

異界へいざなう女

異界の内と外、物語と物語絵の内外の女たち

死を想え 『九相詩』と『一休骸骨』 

死を想え 『九相詩』と『一休骸骨』 

死体の変容を凝視し、骸骨の浮世を寿ぐ文学

漢字・カタカナ・ひらがな

漢字・カタカナ・ひらがな

日本語の3種の表記にまつわる思想のドラマ

漱石の読みかた『明暗』と漢籍

漱石の読みかた『明暗』と漢籍

登場人物の動きは漢籍に書き込まれている

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス