日本でいちばん平凡な名前の出版社
昆虫のすごい世界

昆虫のすごい世界 新刊

歩く宝石のような甲虫から、色鮮やかなチョウ、驚異の跳躍を見せるバッタ…。地球で最も繁栄した生物である昆虫の世界を存分に紹介。

丸山 宗利
シリーズ・巻次 別冊太陽 > 日本のこころ  262
出版年月 2018/05
ISBN 9784582922622
雑誌コード 6620153
Cコード・NDCコード 9445   NDC 486
判型・ページ数 A4変   160ページ
在庫 在庫あり
この本の内容

【内容】

昆虫はふしぎ、たのしい、美しい!!

歩く宝石のような甲虫から、色鮮やかなチョウ、子どもの友達・トンボ、夏の風物詩・セミ、社会性昆虫の代表・アリ、驚異の跳躍を見せるバッタなど……。

地球でもっとも繁栄を極めた生物である昆虫のおどろくべき生態、高度な技術、美しい姿を一挙紹介。

現在、第一線で活躍する昆虫学者・写真家が集まって、「じっくりと」「すみずみまで」昆虫の美しさ、楽しさを堪能できる一冊となりました!

 【執筆者】

丸山宗利(昆虫学者・九州大学総合研究博物館准教授)
尾園 暁(昆虫写真家)
工藤誠也(昆虫写真家・研究者)
小松 貴(昆虫学者・好蟻性生物写真家)
島田 拓(Ant Room代表)
鈴木知之(昆虫写真家)
永幡嘉之(自然写真家)
安田 守(自然写真家)

 【構成】

◎日本の美しい昆虫図鑑
甲虫/チョウ・ガ/トンボ/セミ/アリ/バッタ 

◎もっと知りたい! 昆虫のディープな世界
擬態/絶滅危惧種/飛翔する昆虫を撮る/表面彫刻/
にぎやかで楽しいアリの社会/減少するブナ林に生息する、世界の昆虫を求めて

 ◎さまざまな道具
鎌(前脚)/シャベル(前脚)/バネ(後脚)/鋏(大顎)/ストロー(口吻)/マジックハンド(口吻)/センサー(触角) 

◎生命のステージ
卵/いもむし/蛹/羽化 

◎小さくて ヘンテコな昆虫たち

 ◆コラム 虫愛づる人たち

・満田晴穂(自在置物作家)
・つのだゆき(硝子昆虫作家)
・メレ山メレ子(エッセイスト・昆虫大学学長)
・分島徹人(漆工芸作家)
・いわたまいこ(切り絵作家)
・知久寿焼(ミュージシャン)
・じゅえき太郎(昆虫絵師)







  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス