日本でいちばん平凡な名前の出版社
ヒトラーとUFO

ヒトラーとUFO 新刊

謎と都市伝説の国ドイツ

ドイツには都市伝説が今もあふれ返る。ヒトラー、UFO、フリーメーソン、ハーメルンの笛吹き男……。ドイツの怪しげな話を追う。

篠田 航一
シリーズ・巻次 平凡社新書  882
出版年月 2018/06
ISBN 9784582858822
Cコード・NDCコード 0230   NDC 302.34
判型・ページ数 新書   200ページ
在庫 在庫あり
この本の内容
目次

グリム童話を生んだドイツは民間伝承の豊かな国。

街やインターネットには今も都市伝説が溢れかえる。

ヒトラー生存説、ナチスと宇宙開発、フリーメーソンとイルミナティ、

ハーメルンの笛吹き男、ドイツ版「オルレアンの噂」、人狼伝説……。

元ベルリン特派員が、自己増殖するドイツの都市伝説を追った異色のルポ。


《目次》
プロローグ

第一章 ヒトラーは生きている?
ヒトラーの「命の恩人」/もし少年が助かっていなかったら/脱出した独裁者
FBIの追跡/頭蓋骨の謎/ソ連のプロパガンダ/南極への野望
自己増殖する都市伝説

第二章 UFOを追え
本気の人たち/軍事機密が飛び交う最前線/英国はUFO調査の情報公開先進国
日本の国会でも質疑/空の専門家たちは何を見たか/ドイツ人はUFO好きな国民
中世の目撃談/ナチスと宇宙開発/ペーパークリップ作戦

第三章 どこにもない町
ビーレフェルトの陰謀/ユッカパームの蜘蛛/元首相までも陰謀論の一部に
国内に一万人いる「帝国市民」/極右思想との親和性/移民を排斥する動き
存在感の薄い町/バルト海のアトランティス大陸/実在する「海に沈んだ町」
杉沢村伝説/八甲田山の怪現象

第四章 フリーメーソンの真実
職能組織から友愛団体へ/取材申し込みはメールで/政治との距離
メーソン内部のタブー/イルミナティとの関係/イルミナティ研究の第一人者
ナチスの弾圧

第五章 異人へのまなざし
オルレアンの噂/繰り返された自己増殖/ショーケースの中のユダヤ人
「エイズ・クラブへようこそ」/児童誘拐をめぐる疑惑/東ドイツへの視線
都市伝説定番「消える乗客」/教訓を読み取る心理

第六章 ハーメルンの笛吹き男
中世最大の都市伝説/一次資料に共通する数字/子供たちはなぜ消えた?
歴史は名字・地名と共にある/舞楽禁止の通り/コッペンとはどこか/増殖する笛吹き男

第七章 怪物ワンダーランド
吸血鬼伝説/世界中に伝わる人狼信仰/オオカミ男を信じる米兵
人狼を見分ける方法/魔女の名誉回復/タンザニアの魔女狩り

エピローグ
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス