日本でいちばん平凡な名前の出版社
新版 死を想う

新版 死を想う これから出る本

われらも終には仏なり

水俣病をはじめ多くの死を見つめてきた作家はどのように死をとらえどう生きるのか、日本を代表する詩人が率直に問いかけた魂の対話。

石牟礼 道子
伊藤 比呂美
シリーズ・巻次 平凡社新書  884
出版年月 2018/07
ISBN 9784582858846
Cコード・NDCコード 0291   NDC 910
判型・ページ数 新書   232ページ
在庫 未刊・予約受付中
この本の内容

水俣病をはじめ多くの死を見つめてきた作家は、どのように死をとらえどう生きるのか、日本を代表する詩人が率直に問いかけた魂の対話、増補版。
石牟礼文学の入門書としても。

関連書籍

綾蝶の記

綾蝶の記

随筆『花びら供養』の続編にして追悼の書

花びら供養

花びら供養

全集未収録のエッセイを編む待望の1冊

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス