日本でいちばん平凡な名前の出版社
撰銭とビタ一文の戦国史

撰銭とビタ一文の戦国史 これから出る本

信長~家康期の貨幣統合の足跡から中世と近世の転換点を探る。カネという社会通念を軸にして初めて見える戦国・江戸期の実態に迫る。

高木 久史
シリーズ 中世から近世へ  
出版年月 2018/08
ISBN 9784582477405
Cコード・NDCコード 0021   NDC 210.47
判型・ページ数 4-6   224ページ
在庫 未刊・予約受付中
この本の内容

通貨、とりわけ「銭」に注目し、信長~家康期の貨幣統合過程の足跡を辿り、中世と近世の転換点を探る。カネという社会通念を軸にしてはじめて見えてくる戦国・江戸期の実態に迫る。

関連書籍

羽柴家崩壊

羽柴家崩壊

茶々からの書状で解明する羽柴家崩壊の真相

兵農分離はあったのか

兵農分離はあったのか

中近世移行期論の中核をなす必読の一書

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス