日本でいちばん平凡な名前の出版社
広重決定版

広重決定版 新刊

出世作の街道風景や各地の名所絵をはじめ、華麗な花鳥図や美人画、肉筆画、戯画などの数々の名作を網羅し、見どころを解説する。

太田記念美術館
シリーズ・巻次 別冊太陽 > 日本のこころ  265
出版年月 2018/08
ISBN 9784582922653
雑誌コード 6620156
Cコード・NDCコード 9471   NDC 721.8
判型・ページ数 A4変   176ページ
在庫 在庫あり
この本の内容

浮世絵風景画の第一人者・歌川広重(1797-1858)。広重独特の街道風景や日本各地の名所絵はもちろん、江戸を描いた作品の画面を通して暮らしや風俗を考証し、見どころを紹介する。また、華麗な花鳥図や美人画、肉筆画、戯画などの数々の名作を網羅。今、第一線で活躍する研究者の解説による最新の成果を結集した決定版。

 

◎執筆者

日野原健司(太田記念美術館)
長井裕子(那珂川町馬頭広重美術館)
梅澤美穂(広重美術館)
前田詩織(中山道広重美術館)
吉田洋子(山口県立萩美術館・浦上記念館)
渡邊晃(太田記念美術館)
赤木美智(太田記念美術館)
大久保純一(国立歴史民俗博物館) 

◎構成

街道の風景

江戸を描く

江戸っ子たちの暮らし

広重描く日本の風景

晩年の名作、名所江戸百景

肉筆画「天童広重」

広重の花鳥版画

広重美人、名所に遊ぶ

戯画・武者絵

 

広重を継いだ絵師

戦後の広重研究史

広重の六十二年

など

 

関連書籍

歌麿決定版 

歌麿決定版 

世界を魅了する浮世絵界の覇者、喜多川歌麿

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス