日本でいちばん平凡な名前の出版社
江戸の目明し

江戸の目明し これから出る本

時代劇でつねに活躍する目明しは単なる正義の味方などではなかった。豊富な史料から、犯罪者が目明しになるという驚きの事実を語る。

増川 宏一
シリーズ・巻次 平凡社新書  887
出版年月 2018/08
ISBN 9784582858877
Cコード・NDCコード 0232   NDC 322.15
判型・ページ数 新書   184ページ
在庫 未刊・予約受付中
この本の内容

時代劇・小説でつねに活躍する目明し。しかしその実態は、悪を捜査し制裁する正義の味方とは相当かけ離れたものだった。犯罪者が目明しになるという驚きの事実を克明に解き明かす。

関連書籍

遊戯の起源

遊戯の起源

遊戯史研究の第一人者による遊びの世界史

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス