日本でいちばん平凡な名前の出版社
祇園「みの家」ものがたり

祇園「みの家」ものがたり これから出る本

お茶屋の女将が語る、花街を生きた女の半生

瀬戸内寂聴「京まんだら」のモデルともなった、伝説の祇園のお茶屋「みの家」。その二代目女将が語る母と娘の物語。

吉村 薫
谷口 桂子
出版年月 2018/09
ISBN 9784582837841
Cコード・NDCコード 0095   NDC 916
判型・ページ数 4-6   224ページ
在庫 未刊・予約受付中
この本の内容

瀬戸内寂聴『京まんだら』のモデルともなった、伝説のお茶屋「みの家」。
その二代目女将が語る、祇園の今昔、しきたり、そして先代のこと……。
華やぎと情けの虚実のはざまで生き抜いてきた、母と娘の物語。

◆語り:吉村薫(「みの家」女将)
◆聞き手:谷口桂子(作家・俳人)

 

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス