日本でいちばん平凡な名前の出版社
三島由紀夫と天皇

三島由紀夫と天皇 これから出る本

三島の死には、戦時期から戦後に至る昭和天皇の言動への諌死の意味が込められていた。その死を通して戦後体制の欺瞞の構造を抉る。

菅 孝行
シリーズ・巻次 平凡社新書  896
出版年月 2018/11
ISBN 9784582858969
Cコード・NDCコード 0210   NDC 121.6
判型・ページ数 新書   280ページ
在庫 未刊・予約受付中
この本の内容

三島由紀夫の自死には、戦時期から戦後に至る昭和天皇の言動に対する〈諫死〉の意味が込められていた。三島の戦後25年の言動を読み解き、戦後体制の欺瞞の構造を抉る。

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス