日本でいちばん平凡な名前の出版社

トークイベントのお知らせ・・・「阿佐ヶ谷書庫」内覧会とトーク

 『堀部安嗣作品集』でも紹介された「阿佐ヶ谷書庫」で内覧会が開かれます。

「阿佐ヶ谷書庫」内覧会実行委員会からの案内は以下の通り。

ふるってお出かけください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今年も「阿佐ヶ谷書庫」の内覧会を開きます。

 

 「阿佐ヶ谷書庫」は社会経済学者の松原隆一郎さんの書庫兼仕事場で、建築家の堀部安嗣さんの設計により2013年に竣工しました。建坪6坪の小さな空間に1万冊の本と松原さんの祖父母を祀る仏壇が納められています。

 

 内覧会では松原さんと堀部さんが皆さんをお迎えするなかで、この書庫の内部をご覧いただけます。夕方には小説家の古川日出男さんをお招きして3人のトークも行います。古川さんは2015年に上梓した書物をめぐる物語『女たち三百人の裏切りの書』(新潮社)で野間文芸新人賞および読売文学賞(小説賞)を受賞されました。堀部さんも「竹林寺納骨堂」で2016年日本建築学会賞(作品)を受賞されたことが発表になったばかりです。文学、経済、建築を舞台に活躍する3人のトークでは、イエの記憶や街をキーワードに、それぞれの創作・執筆活動について、お話しいただきます。

 

 また、会場では、「阿佐ヶ谷書庫」に関する松原さんと堀部さんの共著『書庫を建てる―1万冊の本を収める狭小住宅プロジェクト―』(新潮社)、古川さんの最近のご著書、松原さんの新著『経済思想入門』(筑摩書房)、2015年出版の『堀部安嗣作品集 1994-2014 全建築と設計図集』(平凡社)を販売し、サイン会も行う予定です。 どうぞおでかけください。

 

【日程】2016年5月29日(日)

 

【時間】[見学①]11:00〜12:00 [見学②]13:30〜14:30 [トーク+見学]15:30〜17:30

 

【会場】阿佐ヶ谷書庫(東京都杉並区阿佐谷北)

 

【トーク】古川日出男×松原隆一郎×堀部安嗣

 

【会費】[見学のみ]500円 [トーク+見学]2,000円

 

【定員】各回25名(予約入替制)

 

【申込期間】2016年5月6日(金)から5月18日(水)まで

 

【申込方法】以下を明記のうえ、メールで「阿佐ヶ谷書庫」内覧会実行委員会shoko.asagaya[a]gmail.com([a]を@に変えてください)までお申込みください。受付完了のご案内は会場の詳細とともに5月21日(土)にお送りします。申込多数の場合は抽選。その結果も5月21日(土)にお知らせします。

 

①希望時間(第1希望のみ)

 

②申込者名(ふりがな)、職業、所属、メールアドレス(PCのみ)

 

③同伴者名(ふりがな)、職業、所属 ※同伴者は1名様まで

 

④「阿佐ヶ谷書庫」見学経験の有無

 

⑤古川さん、松原さん、堀部さん、または当会へのメッセージ(任意)

 

※ご記入いただいた個人情報は本イベントの運営およびご案内にのみ使用し、細心の注意をもって管理します。個人情報は第三者に開示・提供するものではありません。

 

【申込・問合先】「阿佐ヶ谷書庫」内覧会実行委員会 shoko.asagaya[a]gmail.com([a]を@に変えてください)

 

 

 

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス