日本でいちばん平凡な名前の出版社

『古都の占領』 西川祐子さん― 京都新聞大賞受賞記念  講演会開催のお知らせ―

 『古都の占領 生活史からみる京都1945-1952』 京都新聞大賞受賞記念

   西川祐子さん 講演会開催のお知らせ

2018年1月11日(木)
・丸善京都本店(地下2階 MARUZEN CAFÉにて)
・19:00開演
・整理券:税込1,000円(飲み物代込み)

  講和条約発効までの7年間は休戦であり、終戦後ではない―。『古都の占領』の著者、西川祐子氏は、かすかに残る記憶を拾いフィールドワークを重ね、国全体が忘却したがるその事実を生活史視点で明かしました。2017年11月、占領期の京都をめぐる多角的な戦後史研究が評価され、京都新聞大賞(文化学術賞)を受賞しました。

 今回はその受賞を記念し、講演会を行います。本講演では、西川祐子氏のほかに、この本の研究にも関係する、河角直美さん(立命館大学文学部)と福島幸宏さん(京都府立図書館企画総務部)のお二人を交えて、占領期京都を歩くスライドを使ったワークショップを行います。

 →詳細・お申込はこちら

https://honto.jp/store/news/detail_041000023973.html?shgcd=HB300

 

関連書籍

古都の占領

古都の占領

終戦ではなく休戦。占領期の意味するもの

著者:西川 祐子
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス