日本でいちばん平凡な名前の出版社

松涛美術館(渋谷)で「チャペック兄弟と子どもの世界」が開催中!

 

 

「チャペック兄弟と子どもの世界20世紀はじめ、チェコのマルチアーティスト」


  【会期】201847()2018527()

   【会場】松涛美術館

 

 チャッペク兄弟として日本でも有名な、芸術家・兄ヨゼフと、文筆家・弟カレル。本  展覧会は、子どもの心を持ち続けた兄弟の作品を、その生涯とともに紹介するものです。

 

 平凡社からは、新刊『ヨゼフ・チャペックエッセイ集』が発売中です。カレルとともにチャッペク兄弟として知られる兄ヨゼフ、そのヨゼフが鋭い観察眼で人々の暮らしや社会、芸術、戦争などを見つめたエッセイ26編と、ナチスの強制収容所で死の直前に綴られた誌9編を収録します。
 ぜひ、
平凡社ライブラリーを手にお出かけください。

 

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス