日本でいちばん平凡な名前の出版社

『10万個の子宮』の著者、村中璃子さんが紹介されています。

6/7発売の「VERY」(光文社刊)に『10万個の子宮――あの激しいけいれんは子宮頸がんワクチンの副反応なのか』の著者、村中璃子さんのインタビューが掲載されています。

 

p254~「救えるはずの命が救えない 子宮頸がんワクチンをめぐるジレンマ」

https://veryweb.jp/magazine/

 

関連書籍

10万個の子宮

10万個の子宮

ワクチン問題の深層に迫るノンフィクション

著者:村中 璃子
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス