日本でいちばん平凡な名前の出版社

お知らせ(イベント情報)

 『結婚』刊行記念! 末井昭×北村早樹子 トークイベント - 2017.05.17

『結婚』 刊行記念トークイベントが開催されます。

 テーマ「離婚のはなし、結婚のはなし」
     末井昭×北村早樹子 トークイベント

     〇日時 2017年6月13日 (火)  19:15~20:45
     〇場所 青山ブックセンター 本店 大教室 (渋谷区神宮前)
     〇料金 1,350円(税込)
     〇定員 110名様  

   詳細、お申し込みはこちらからどうぞ。http://www.aoyamabc.jp/event/marriage/

   ご参加おまちしております! 

  


 

関連書籍はこちら

 福間健二×柴田元幸 『ブローティガン 東京日記』 祝復刊記念トークイベント  - 2017.05.12

『ブローティガン 東京日記』 祝復刊記念 福間健二×柴田元幸

  「ちょうど41年前、東京にリチャード・ブローティガンがいた。」 


平凡社ライブラリー『ブローティガン 東京日記』の訳者福間健二さんと、翻訳家でアメリカ文学者の柴田元幸さんのトークイベントが開催されます。

  ・日時    6月10日15:00~17:00 (14:30開場)

  ・場所    本屋B&B 世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
  ・入場料   1500yen + 1 drink order

お申し込み方法などの詳細はこちらから

http://bookandbeer.com/event/2017061001/


 

 

 

関連書籍はこちら

 ドゥマゴサロン 第15回文学カフェに川本三郎氏が登壇されます。 - 2017.04.11

渋谷のBunkamuraで行われるドゥマゴサロン 第15回文学カフェに川本三郎氏が登壇されます。

〔日時〕 2017年4月21日(金)19:00開演

〔登壇〕川本三郎氏(第27回Bunkamuraドゥマゴ文学賞 選考委員)

〔料金〕2,000円(税込/1ドリンク付)

チケットなどの詳細はBunkamuraHPをご確認ください。

http://www.bunkamura.co.jp/bungaku/

~「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」とは~

東京都渋谷区にある複合文化施設「Bunkamura」が主催する文学賞。フランス・パリで80年以上の歴史を誇る文学賞「ドゥマゴ賞」のユニークな精神を受け継ぎ199093日に創設。受賞作は、毎年交代する「ひとりの選考委員」によって選ばれる。権威主義に陥らず、既成の概念にとらわれることなく、先進性と独創性のある、新しい文学の可能性を探っている。第27回選考委員は文学、映画、東京、旅を中心とした評論やエッセイなど幅広い執筆活動で知られる川本三郎氏です。

 

 

 

関連書籍はこちら

 『まぬけなこよみ』著者 津村記久子氏トークイベント開催 - 2017.04.10

【オカヤイヅミと津村記久子のトーク&サイン会】

 

『まぬけなこよみ』の著者津村記久子さんと同書のイラストをお描きで先日『おあとがよろしいようで』(文藝春秋)を出版されたオカヤイヅミさんのトークイベントが開催されます。

 

 

大阪 ロフトプラスワンWEST

2017年5月10日 OPEN 18:30 / START 19:30

 

前売り ¥2,000 / 当日 ¥2,500(飲食代別)※要1オーダー¥500以上

チケット購入など詳細は下記のHPでご覧ください。

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/62187

 

関連書籍はこちら

 『新 荒唐無稽音楽事典』 発売記念 トークショー&サイン会(渋谷) - 2017.02.23

『新 荒唐無稽音楽事典』発売記念 

著者の高木壮太氏と片寄明人氏のトークショーおよび、サイン会が開催されます。

開催日:3/25(土)
場所: HMV&BOOKS TOKYO 6F イベントスペース (渋谷)
時間: 18時スタート

出演:高木壮太氏、片寄明人氏(ゲスト)
内容:トーク&サイン会 
*トーク終了後にサインとなります。

参加方法などの詳細は以下のサイトをご覧ください。

http://www.hmv.co.jp/st/event/28038/

関連書籍はこちら

 荒俣宏先生の講演会 《幻の魚類博物画家 伊藤熊太郎》 - 2017.01.20

「幻の魚類博物画家 伊藤熊太郎」の原画が、東京海洋大学で、荒俣宏さんによって発見されました。

この発見をうけて、原画・新発見資料などの展示と、荒俣さんの講演会が行なわれます。

 

◎講演会

・日時:2017219日(日)13:3015:00

・場所:東京海洋大学品川キャンパス白鷹館

・定員:350

※お問い合わせ・予約など、詳細はこちらまで

 → URLhttp://lib.s.kaiyodai.ac.jp

 

◎展示会

第13回企画展示 図鑑で楽しむ江戸前の海(第二期)

《幻の魚類博物画家 伊藤熊太郎》

 

・会期:2017 28日(水)-310日(金) 10:00-16:00

 ※土曜、日曜、228日(火)閉館

・場所:東京海洋大学 品川キャンパス図書館 1階 展示ホール

・入場料:無料

 

◯展示案内(展示内容についてスタッフがご案内します/約15分)

・日時:2017219日(日)15:20

・場所:東京海洋大学品川キャンパス図書館 1階 展示ホール

・定員:先着30  ※希望者多数の場合は数回に分けて行います。

※お問い合わせはこちらまで

 → URLhttp://lib.s.kaiyodai.ac.jp

 

 

 

関連書籍はこちら

 建築家・堀部安嗣氏の個展「堀部安嗣展 建築の居場所」 開催 - 2017.01.10

建築家・堀部安嗣氏の個展が開催されます。

 

「堀部安嗣展 建築の居場所」

2017年1月20日(金)~3月19日(日)

TOTOギャラリー・間(東京・乃木坂)にて。

会期中にはギャラリートークや短編ドキュメンタリーの上映などが予定されております。

詳細は以下のHPからご覧ください。

http://www.toto.co.jp/gallerma/ex170120/index.htm

関連書籍はこちら

 少年アヤ『果てしのない世界め』 刊行記念トークイベント開催 - 2016.12.13

『果てしのない世界め』刊行記念

「いま・書くこと・生きること」  少年アヤ × 文月悠光 トークイベント


【イベント内容】
衝撃の『少年アヤちゃん 焦心日記』刊行から早や2年。少年アヤさんの最新作『果てしのない世界め』が刊行されます。これを記念して、著者の少年アヤさんのトークイベントを行います。
お相手は、詩人の文月悠光さん。書くことを生業にする者として、また同世代の書き手として、いま、何を感じ、伝えていくのか。お二人の創作と、その奥にある〈生〉のあり方について、存分に語り合っていただきます。

終了後、サイン会を予定しております。


【概要】
日程 2016年12月17日(土)
時間 18:00~19:30(開場17:30)
料金 1,080円(税込)
会場 青山ブックセンター本店 大教室
URL  

http://www.aoyamabc.jp/event/imakakuikiru/

 


 
【登壇者プロフィール】
・少年アヤ
1989年生まれ。
著書に『尼のような子』(祥伝社)、『少年アヤちゃん焦心日記』(河出書房新社)。

・文月悠光(ふづき・ゆみ)
詩人。1991年北海道生まれ。
16歳で現代詩手帖賞を受賞。高校3年の時に出した第1詩集『適切な世界の適切ならざる私』で、中原中也賞、丸山豊記念現代詩賞を最年少の18歳で受賞。早稲田大学教育学部在学中に、第2詩集『屋根よりも深々と』を刊行。今年9月、初のエッセイ集『洗礼ダイアリー』(ポプラ社)、10月に第3詩集『わたしたちの猫』(ナナロク社)刊行。NHK全国学校音楽コンクール課題曲の作詞、詩の朗読、書評の執筆など広く活動中。

関連書籍はこちら

 奇跡の芸術家・福田尚代さん、『ひかり埃のきみ 美術と回文』 刊行記念対談イベント - 2016.11.25

 現代美術家にして回文作家である福田尚代さんの、はじめての単著であり、美術と言葉の作品集の刊行を記念し、対談イベントを開催します。

 対談のお相手は、写真家であり編集者でもある都築響一さん。

福田さんと、彼女のよき理解者である都築さんのお2人に、異彩をはなつ作品とその制作の機微についてたっぷり語っていただきます。

 

 参加ご希望の方は、下記要項をご確認の上、ブックファースト新宿店さんにて、入場券をお求めください。

 

【開催日時】2016129日(金) 午後7時(開場:午後645分)~

 

【開催会場】ブックファースト新宿店地下2Fゾーンイベントスペース

 

【定員】先着50名様

 

【入場券】<販売価格>1,000円(税込)

 

お問合せは、直接、ブックファースト新宿店にお願いいたします。

 

http://www.book1st.net/event_fair/event/

 

関連書籍はこちら

 今尾恵介×鈴木みき 「大いに語る!楽しい地図読みの世界」 - 2016.11.16

今尾恵介×鈴木みき

「大いに語る!楽しい地図読みの世界」

『今尾恵介の地図読み練習帳100問』(平凡社)刊行記念

  地図への圧倒的な知識と並々ならぬ愛情で人気を集める地図研究家・今尾さんの最新刊は、「地形図」をテーマにした問題集。「地図記号」、「読図」「地形」など様々なジャンルの問題を出題。地図の読み方、楽しみ方を学ぶことができます。

   本書の刊行を記念して、山を愛する漫画家・イラストレーターの鈴木みきさんとの対談トークイベントを開催します。

 『地図を読めば、山はもっとおもしろい!』(講談社)を刊行するなど、地図好きでもある鈴木さんと今尾さんが、ビール片手に地図の奥深さと魅力をざっくばらんに語り合います。

  地図好き、山好きの参加をお待ちしています!

 【出演】

今尾恵介(地図研究家)

鈴木みき(イラストレーター・漫画家)

【出演者プロフィール】

・今尾恵介(いまお・けいすけ)

1959年神奈川県生まれ。地図研究家。(―財)日本地図センター客員研究員、地図情報センター評議員。雑誌編集者を経て、91年よりフリー。地図や地形、鉄道に関する書籍を多く刊行。近著に『地図マニア

空想の旅』(集英社インターナショナル)、『鉄道唱歌でたどる

あの駅この街』(朝日新聞出版)などがある。

 ・鈴木みき(すずき・みき)

  東京生まれ。イラストレーター・漫画家。山雑誌読者モデル、山小屋バイトを経てイラストレーターに。著作に『悩んだときは山に行け!』『あれを食べに、この山へ行ってきました!』(平凡社)、『地図を読むと、山はもっとおもしろい!』(講談社)などがある。

【日時】

2016年11月28日(月) 

20:00~22:00 (19:30開場)

 【場所】

本屋B&B

世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

 【入場料】

1500円 + 1 ドリンク代金 

イベントの詳細・ご予約などは下記URLから。

 

http://bookandbeer.com/event/20161128_bt/

 

関連書籍はこちら

 野間秀樹先生講演会の知らせ - 2016.10.26

 「今,ことばにとって大切なことー言語を生きるためにー」

 

『ハングルの誕生』の著者・野間秀樹(言語学者)の講演会があります。

 

■111日(火)19:00-20:30

■ブック・カフェ〈チェッコリ〉

■参加費  2000

■定員  50 名(書籍,版画作品の販売もあり)

■詳細とお申し込みはチェッコリまで

 http://www.chekccori.tokyo/

  TEL03-5244-5425

 E-mailinfo@chekccori.tokyo

 

※チラシはこちら。↓

Hideki_NOMA20161101.pdf

 『ぼくの道具』刊行記念 写真家・石川直樹さん トーク&サイン会(沖縄) - 2016.09.20

日時:9月29日 (木) 19:00~ 

場所:ジュンク堂書店那覇店 地下1階イベント会場

参加方法:参加無料。当日、直接会場にお越しください。

 

内容:極地をはじめ、世界中のあらゆる場所への旅と独自の表現が注目を集める写真家・石川直樹の話題作『ぼくの道具』。本トークでは、本に登場する道具を中心に、著者が愛用する旅道具について語ります。

 

関連書籍はこちら

 『黄犬(キーン)ダイアリー』のサイン会  於:丸善(東京・日本橋店) - 2016.09.12

ドナルド・キーン先生、キーン誠己先生の著作『黄犬(キーン)ダイアリー』の刊行(10/7)を記念してサイン会が開催されます。

開催日時 2016年10月8日(土) 14時~
会場 丸善・日本橋店 3階 特設会場

定員 100名様
要整理券(電話予約可)

詳細はこちらから 

http://honto.jp/store/news/detail_041000019899.html?shgcd=HB300

丸善・日本橋店 和書グループ 
03-6214-2001(営業時間 9:30~20:30)

関連書籍はこちら

 一柳 慧 著『一柳 慧 現代音楽を超えて』出版刊行記念トークセッション - 2016.08.02

★定員になり締め切りました。8/4

「戦後音楽芸術における前衛とは何だったのか──これからの創作のために」

出演:一柳 慧、片山杜秀
司会:松本良一

2016年8月7日[日] 開演:16:00 ※トーク終了後サイン会
会 場:銀座ソニービル5階 Aフロア
入場料:無料
定 員:40名
協 力:平凡社

※ご参加方法について※

予約方法:ご参加を希望される方のお名前、お電話番号、ご参加人数を明記の上、下記までメールにてご予約ください。お電話でも承っております。
※受信制限をされている方は、当店からのメールを受信できるよう設定お願いいたします。
mail:du_champ@nadiff.com
TEL : 03-6264-6869

 

関連書籍はこちら

 「図鑑で楽しむ 江戸前の海」展~荒俣宏氏の講演会ほか - 2016.07.05

東京海洋大学 品川キャンパス図書館 にて企画展示会が開催されます。


(2016年7月15日~11月6日まで) 


8月28日には『世界大博物図鑑』の著者、荒俣宏氏の講演会もございます。ふるってご参加ください。

内容はこちらから

20160705_event_Aramata.pdf

 

詳細、お申し込みは以下のURLの「展示・イベント」にて。

 

http://lib.s.kaiyodai.ac.jp/

 

 

 

 

 

関連書籍はこちら

 いせひでこ氏 ドキュメンタリー映画「いのちのかたち」完成上映会 - 2016.07.01

「いのちのかたち―画家・絵本作家いせひでこ―」

(いせフィルム制作、今秋公開予定)の完成上映会が、

715日に東京都・日比谷、723日に長野県・安曇野、

91718日に岩手県・花巻で開催されます。

3.11以降の絵本作家の創作の日々、東北や長野への旅と交流などが、数多くの絵本原画やタブロー、スケッチとともに、紹介されます。

弊社既刊『木のあかちゃんズ』刊行にまつわる、福島県飯舘村の小学生との交流、『わたしの木、こころの木』に描かれた宮城県亘理町のクロマツとの4年間、長野県安曇野のアカマツの森や、自宅で育てる木々など、木と人とこころを巡る、いせひでこ氏の日常が、自演のチェロの演奏等とともに映像化されています。

新刊絵本『こぶしのなかの宇宙』(2016720日刊行予定)に収録された、あかちゃんや子どもたちのスケッチも多数登場します。

 

詳細・問い合わせ いせフィルム

http://www.isefilm.com/

 

関連書籍はこちら

 いせひでこ氏 絵本原画展「子どもたちよ 子どもたちよ」今夏開催 - 2016.07.01

いせひでこ氏 絵本原画展「子どもたちよ 子どもたちよ」今夏開催

 

新刊絵本『こぶしのなかの宇宙―小さきものたちのスケッチ』2016720日刊行予定)の原画・スケッチも含め、近作の子どもたちを描いた作品を展示する絵本原画展が、長野県安曇野の絵本美術館・森のおうちで開催されます。

期間は722日(金)~913日(火)、木曜休館。

 

あかちゃん・母と子・少年と少女たちの鉛筆画を、夏休みにぜひ、ご覧ください。

 

詳細・問い合わせ 絵本美術館・森のおうち

 

http://www.morinoouchi.com/

 

関連書籍はこちら

 野間秀樹氏の講演会 - 2016.06.21

 

『ハングルの誕生』『韓国語をいかに学ぶか』(平凡社新書)の著者

野間秀樹氏の講演会が、東京堂(神保町)で開催されます。

 

■日時:78日(金)19:0020:30

■参加費:2000円 ※書籍の販売およびサイン会も実施します

■定員:80

■会場:東京堂ホール(http://www.tokyodo-web.co.jp/hall/

 

詳しくはこちらから ↓

http://www.chekccori.tokyo/my-calendar?mc_id=125

 

関連書籍はこちら

 金井美恵子氏トークイベント 6/8 池袋ジュンク堂書店 - 2016.05.12

 

金井美恵子氏のトークイベントが開催されます。

 

<「目白雑録」の14年 えっ? ホントに終わったの?!>

 

開催日時:20160608日(水)  19:30開演

 

開催場所:ジュンク堂 池袋本店

 

入場料:ドリンク付1000

 

詳細はこちら → http://honto.jp/store/news/detail_041000018914.html?shgcd=HB300

 

 

 トークイベントのお知らせ・・・「阿佐ヶ谷書庫」内覧会とトーク - 2016.05.02

 『堀部安嗣作品集』でも紹介された「阿佐ヶ谷書庫」で内覧会が開かれます。

「阿佐ヶ谷書庫」内覧会実行委員会からの案内は以下の通り。

ふるってお出かけください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今年も「阿佐ヶ谷書庫」の内覧会を開きます。

 

 「阿佐ヶ谷書庫」は社会経済学者の松原隆一郎さんの書庫兼仕事場で、建築家の堀部安嗣さんの設計により2013年に竣工しました。建坪6坪の小さな空間に1万冊の本と松原さんの祖父母を祀る仏壇が納められています。

 

 内覧会では松原さんと堀部さんが皆さんをお迎えするなかで、この書庫の内部をご覧いただけます。夕方には小説家の古川日出男さんをお招きして3人のトークも行います。古川さんは2015年に上梓した書物をめぐる物語『女たち三百人の裏切りの書』(新潮社)で野間文芸新人賞および読売文学賞(小説賞)を受賞されました。堀部さんも「竹林寺納骨堂」で2016年日本建築学会賞(作品)を受賞されたことが発表になったばかりです。文学、経済、建築を舞台に活躍する3人のトークでは、イエの記憶や街をキーワードに、それぞれの創作・執筆活動について、お話しいただきます。

 

 また、会場では、「阿佐ヶ谷書庫」に関する松原さんと堀部さんの共著『書庫を建てる―1万冊の本を収める狭小住宅プロジェクト―』(新潮社)、古川さんの最近のご著書、松原さんの新著『経済思想入門』(筑摩書房)、2015年出版の『堀部安嗣作品集 1994-2014 全建築と設計図集』(平凡社)を販売し、サイン会も行う予定です。 どうぞおでかけください。

 

【日程】2016年5月29日(日)

 

【時間】[見学①]11:00〜12:00 [見学②]13:30〜14:30 [トーク+見学]15:30〜17:30

 

【会場】阿佐ヶ谷書庫(東京都杉並区阿佐谷北)

 

【トーク】古川日出男×松原隆一郎×堀部安嗣

 

【会費】[見学のみ]500円 [トーク+見学]2,000円

 

【定員】各回25名(予約入替制)

 

【申込期間】2016年5月6日(金)から5月18日(水)まで

 

【申込方法】以下を明記のうえ、メールで「阿佐ヶ谷書庫」内覧会実行委員会shoko.asagaya[a]gmail.com([a]を@に変えてください)までお申込みください。受付完了のご案内は会場の詳細とともに5月21日(土)にお送りします。申込多数の場合は抽選。その結果も5月21日(土)にお知らせします。

 

①希望時間(第1希望のみ)

 

②申込者名(ふりがな)、職業、所属、メールアドレス(PCのみ)

 

③同伴者名(ふりがな)、職業、所属 ※同伴者は1名様まで

 

④「阿佐ヶ谷書庫」見学経験の有無

 

⑤古川さん、松原さん、堀部さん、または当会へのメッセージ(任意)

 

※ご記入いただいた個人情報は本イベントの運営およびご案内にのみ使用し、細心の注意をもって管理します。個人情報は第三者に開示・提供するものではありません。

 

【申込・問合先】「阿佐ヶ谷書庫」内覧会実行委員会 shoko.asagaya[a]gmail.com([a]を@に変えてください)

 

 

 

関連書籍はこちら

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス