日本でいちばん平凡な名前の出版社

お知らせ(正誤表)

 『ベーシック アトラス 日本地図帳 新訂第3版』 お詫びと訂正のお知らせ - 2018.09.07


『ベーシック アトラス 日本地図帳 新訂第3版』内、「都道府県名,県庁所在地一覧」におきまして、奈良県と和歌山県の記載が抜けておりました。謹んでお詫び申し上げます。
 

<4頁 中段>

 【誤】                        

 近畿

三重県――津………056-057

滋賀県――大津……055

京都府――京都……054-055

大阪府――大阪……052

兵庫県――神戸……050-051

 
【正】

 近畿

三重県――津………056-057

滋賀県――大津……055

京都府――京都……054-055

大阪府――大阪……052

兵庫県――神戸……050-051

奈良県――奈良……052-053

和歌山県―和歌山…052-053

   以上、お詫びして訂正いたします。




関連書籍はこちら

 平凡社新書『バッハ――「音楽の父」の素顔と生涯』のお詫びと訂正 - 2018.07.20

『バッハ――「音楽の父」の素顔と生涯』(加藤浩子著)におきまして、誤りがございました。
以下のとおり、お詫びして訂正いたします。

●オビ

【誤】「2015年に新発見されたバッハの肖像画(エリアス・ゴッドロープ・ハウスマン作、1748年)」

【正】「バッハの肖像画(エリアス・ゴッドロープ・ハウスマン作、1746年)」 

8ページ   写真の上下を入れ替え

12ページ3行目

【誤】「「唯一真性の肖像画」は二枚あった!」
【正】「二枚目の「真正の肖像画」、ライプツィヒに還る」

43ページキャプション

【誤】「アンブロージウスの水車小屋」
【正】「ファイトの水車小屋」 

66ページ8行目

【誤】「《メラー手稿譜》と《アンドレーアス・バッハ本》」
【正】「『メラー手稿譜』と『アンドレーアス・バッハ本』」

94ページ67行目

【誤】「《メラー手稿譜》や《アンドレーアス・バッハ本》」

【正】「『メラー手稿譜』や『アンドレーアス・バッハ本』」


157ページ7行目

【誤】「二八五ページ以降のコラムで触れるふたつの「新たに発見されたバッハの真作」は、アンナ・アマーリア図書館で見つかったのだ」

【正】「二六三ページ以降のコラムで触れる「新たに発見されたバッハの新作」のひとつ(BWV1127)は、アンナ・アマーリア図書館で見つかったのだ」

187ページ12行目

【誤】「BWV1058」
【正】「BWV1052」

285ページ~287ページ

別紙PDFの通り修正いたします。
http://www.heibonsha.co.jp/files/bach_shusei_p285-287.pdf

301ページ11行目

【誤】「ジャン・マリー・ストロープ、ダニエル・ユイル監督」
【正】「ジャン・マリー・ストローブ、ダニエル・ユイレ監督」

 以上、お詫びして訂正いたします。

 

関連書籍はこちら

 『松永久秀と下剋上――室町の身分秩序を覆す』 お詫びと訂正のお知らせ - 2018.07.05

『松永久秀と下剋上――室町の身分秩序を覆す』(天野忠幸著)におきまして、
柱(頁左上)の表記に誤りがございました。謹んでお詫び申し上げます。

279、281、283頁
 誤:武田勝頼関連年表
 正:松永久秀関連年表

以上、お詫びして訂正いたします。

関連書籍はこちら

 『新版 縄文美術館』 所蔵先 お詫びと訂正のお知らせ - 2018.07.04 - 2018.07.04

 

 『新版 縄文美術館』(小川忠博著)の本文中、所蔵先表記に誤りがございました。
謹んでお詫び申し上げます。 

〔所蔵先一覧 234-239頁〕

・235頁
    50-51頁 図9
    68-69頁 図5・6
    70-71頁 図2
・236頁
    126-127頁 図1
・237頁
    164-165頁 図13
・238頁
    172-173頁 図2
以上
    誤:埼玉県埋蔵文化財調査事業団
    正:埼玉県教育委員会 

・235頁
    68-69頁 図1
    70-71頁 図1
以上
    誤:金沢市埋蔵文化財センター
    正:金沢市教育委員会 

・238頁
    188-189頁 図3
以上
    誤:鹿児島県上野原縄文の森
    正:鹿児島県立埋蔵文化財センター



関連書籍はこちら

 『別冊太陽 銀座をつくるひと。』お詫びと訂正のお知らせ - 2018.04.18

『別冊太陽 銀座をつくるひと。』の本文中表記に誤りがございました。謹んでお詫び申しあげます。

106頁 キャプション
誤:歌川広重「名所江戸百景」「日本橋江戸ばし」(部分)国立国会図書館所蔵
正:歌川広重「名所江戸百景」「日本橋江戸ばし」(部分)都立中央図書館特別文庫室所蔵

108頁 キャプション(上)
誤:(「東海道五拾三次之内 日本橋 行列振出」国立国会図書館所蔵)
正:(「東海道五拾三次之内 日本橋 行列振出」都立中央図書館特別文庫室所蔵)

108頁 キャプション(下)
誤:(「魚河岸」国立国会図書館所蔵)
正:(「魚河岸」東京都立中央図書館蔵)

以上、お詫びして訂正いたします。

関連書籍はこちら

 『豊国大明神の誕生 変えられた秀吉の遺言』 お詫びと訂正のお知らせ - 2018.04.09

『豊国大明神の誕生 変えられた秀吉の遺言』(野村玄著)の本文中表記に誤りがございました。謹んでお詫び申し上げます。

 
203頁2行目

        誤:縁起稿

        正:縁起稿断簡 

216頁1行目

        誤:御陽成

        正:後陽成 

260頁1行目

        誤:二十六日

        正:二十六日付


                                         (2018年4月9日付)

 

関連書籍はこちら

 更新:『蝦夷志 南島志』(新井白石著 原田信男校注) 訂正とお詫びのお知らせ - 2018.03.22

東洋文庫865 『蝦夷志 南島志』(新井白石 著/原田信男 校注)に訂正がございました、謹んでお詫び申し上げます。

 P174 L10  
注 「唐書」の2行目の「「三小王」がいたとし、……認識している」までを「「三小王」がいたとしている。これらは屋久・隼人・種子にあたり、それぞれの地域に小権力が存在していたことが窺われる」とする。

P241 L10  
注 「中山世纉」の1行目『世鑚図』を『世纉図』に、7行目『中山世鑚図』を『中山世纉図』に訂正。

P242 L10 
注 「唐書」の2行目「そして琉球については、……」から4行目「……この部分を削除している。」までの3行分を削除。

 

(以下、2018.3.22更新)

P13 L8 
「エミシと称したとする説(金田一京助)」を「エミシと称したとする説(喜田貞吉・金沢庄三郎)」に訂正。

P13 L9 
「エゾと呼ぶようになったとする説(喜田貞吉・金沢庄三郎)」を「エゾと呼ぶようになったとする説(金田一京助)」に訂正。

P138 L2 
「蝦夷に文をおくり」を「蝦夷に行をおくり」に訂正。※行は詩歌の意

P138 L5 
「この段階では「北海通」と称していたことがわかる」を「『蝦夷志』の刊行は同年以降のことと考えられることから、「北海通」は「北海道」の誤刻か」に訂正。

P424 L13 
「刊行は幕末のことで」を「刊行は幕末から明治で」に訂正。

 

 

 

関連書籍はこちら

 『兵農分離はあったのか』(平井上総 著)に関するお詫びと訂正のお知らせ - 2017.09.26

『兵農分離はあったのか』の本文中に誤りがございました。謹んでお詫び申し上げます。

165頁5~16行目には、不要な文章が入ってしまっております。
正しくは165頁4行目の終わりから、166頁1行目につながります。

よって、以下のような文章になります。

 ……(藩)では、個別に刀狩りを実施したり、帯刀の禁止や許可を行っていた。江戸時代前期の大きな民衆運動として知られている、寛永一五年(一六三八)の島原の乱では、鎮圧後、百……

「兵農分離」正誤表

 

なお、本の交換をご希望の方は、お手数ですが小社窓口(電話03-3230-6573)までお問い合わせください。

 平凡社編集部


関連書籍はこちら

 『改訂新版 日本の野生植物 第4巻』の撮影者のお名前に誤りがございました。 - 2017.03.22

 『改訂新版 日本の野生植物 第4巻』の撮影者のお名前に誤りがございました。

 以下の通り、訂正してお詫び申し上げます。  

頁「撮影」9行目 右段 

 

誤)川窪 篤 

 

正)川窪伸光

 

 

 

関連書籍はこちら

 『古地図で見る京都』の表記に誤りがございました。 - 2017.03.03

『古地図で見る京都』の表記に誤りがございました。

 

118頁 図二―13 キャプション

 

  誤:内閣文庫所蔵

 

  正:京都大学附属図書館所蔵

 

223頁 図四―5 キャプション 

 

  誤:大塚京都図コレクション5・8・17、京都大学附属図書館所蔵 

  

  正:(左)大塚京都図コレクション7、京都大学附属図書館所蔵 

 

  (中)大塚京都図コレクション146(補7)、京都大学附属図書館所蔵

 

  (右)京都市歴史資料館所蔵

 

 

232頁 図四―8 キャプション 

 

  誤:大塚京都図コレクション、京都大学附属図書館所蔵

  

  正:(上)京都市歴史資料館所蔵

    (下)大塚京都図コレクション、京都大学附属図書館所蔵

 

274頁 図四―19 キャプション 

 

  誤:大塚京都図コレクション、京都大学附属図書館所蔵

  

    正:京都市歴史資料館所蔵

 

以上、お詫びして訂正いたします。

 

 

関連書籍はこちら

 『デザインの解剖』の表記に誤りがございました - 2017.01.12

きのこの山 146頁内 生産量と輸出量

誤:年間150億トン

正:年間150トン

お詫びして訂正いたします。

 

関連書籍はこちら

 平凡社新書779『空の上の格差社会』 お詫びと訂正 - 2016.06.28

平凡社新書779『空の上の格差社会』(杉浦一機著)の中に、以下の不適切な部分がありましたので、おわびして訂正します。

41頁11―12行目 

×:東京―博多間(寝台特急「あさかぜ」)では一・九六倍から一・六八倍に縮小している。

○:東京―博多間(寝台特急「あさかぜ」)では一・九四倍から一・五一倍に縮小している(『デスクトップ鉄のデータルーム』「等級制からモノクラス制」http://www.desktoptetsu.com/ryoki/monoclass.htmを参照)。

 また、同書に以下の誤りがありました。おわびして訂正いたします。

 161頁後ろから2行目

×:ワンワールドのデルタで

○:スカイチームのデルタで

161頁最終行

×:ワンワールドのエールフランスで

○:スカイチームのエールフランスで

203頁後ろから6行目

×:ワンワールド傘下のルフトハンザ

○:スターアライアンス傘下のルフトハンザ

関連書籍はこちら

 『内部告発の時代』(平凡社新書813)訂正とお詫びのお知らせ - 2016.06.15

 

『内部告発の時代』(平凡社新書813)におきまして誤りがございました。

金沢大学准教授・小川和宏氏、読者の方々にお詫びし、訂正いたします。

お手数ではございますが、正誤表をご覧ください。

 

(こちら↓をクリックしてください) 

 

shinsho813.pdf

 

 

関連書籍はこちら

 「別冊太陽 日本のこころ」237号『安野光雅の本』訂正とお詫びのお知らせ。 - 2016.03.04

「別冊太陽 日本のこころ」237号『安野光雅の本』におきまして、誤りがありました。ここにお詫びして訂正いたします。

 

目次頁

(誤)安野光雄ライブラリー

(正)安野光雅ライブラリー

 

121

(誤)

上図のキャプション

ロミオとジュリエット(Romeo and Juliet) 第3幕第1場 北イタリア、ヴェローナの街路

ロミオがジュリエットの従兄のティボルトを刺し殺す。

下図のキャプション

オセロー(Othello) 第4幕第3場、第5幕第1場 地中海、キプロス島 

砦の一室で悲嘆に暮れるデズデモーナ。街路でキャシオーを挑発するロダリーゴーとそれを見るオセロー。

(正)

上図のキャプション

オセロー(Othello) 第4幕第3場、第5幕第1場 地中海、キプロス島 

砦の一室で悲嘆に暮れるデズデモーナ。街路でキャシオーを挑発するロダリーゴーとそれを見るオセロー。

下図のキャプション

ロミオとジュリエット(Romeo and Juliet) 第3幕第1場 北イタリア、ヴェローナの街路

ロミオがジュリエットの従兄のティボルトを刺し殺す。

 

140頁 後ろから8行目

(誤)ということになった」

正)ということになった。

 

 

関連書籍はこちら

 『ぼくの道具』 訂正とお詫びのお知らせ - 2016.02.09

お詫びと訂正
『ぼくの道具』(石川直樹著)に誤りがございました。ここにお詫びし、訂正いたします。

◆238ページ 1行目
「これまでのヒマラヤ遠征」 
誤)2011春 エベレスト(8848m)
正)2001春 エベレスト(8848m)

関連書籍はこちら

 『神と肉』(原田信男 著)訂正とお詫びのお知らせ - 2015.12.10

平凡社新書730 『神と肉』(原田信男 著)に訂正がございました、謹んでお詫び申し上げます。

・P.110L6 「牲の音は平に近く犠牲を意味する」を「牲は平音で犠牲を意味する」に訂正。
・P.123L5 「剔 吐歴反、鮮骨なり、また天帝反、去りて猶鮮なり」を
       「剔 吐歴反、觧骨なり、また天帝反、去、猶觧なり」に訂正。
・P.123L9 「ここに「鮮」の文字……屠であったといえよう」の3行分を削除。
・P.124L1 「祝 宥文爰反、シウ、シク之六切」を「祝 宥、文爰(※存疑)反、シウ、シク、之六切」に訂正。
・P.124L5 「まさに屠と祝とは同義だったのである」を「屠と祝とが同義であった可能性もある」に訂正。
・P.147L13 「三河一宮社である」を削除。
・P.162L11 「ここでは近世に、中山神社の社前に牛馬市が立ち、牛馬の守護神とされたにもかかわらず、家畜である牛馬を
       嫌っているという点に注目しておきたい」を
       「ここでは近世に至ると、家畜である牛馬を愛でる守護神に変身しているが、もともとは野獣である猪
       鹿を好む神であったと考えられる」に訂正。
・P.177L6 「家畜である牛馬を嫌ったことをはじめ」を「もともとは牛馬よりも猪鹿を好んだ」に訂正。
・P.204L1:「動物供犠を実行」の前に「牛馬を用いた」を挿入。

関連書籍はこちら

 『民族でも国家でもなく』 訂正とお詫びのお知らせ - 2015.04.22

『民族でも国家でもなく』(李鳳宇・四方田犬彦 著)に誤りがございました。
謹んでお詫び申し上げます。

■193ページ 写真キャプション

 誤) 2014年にハバナの街で売られていたDVD
 正) ICAICの壁のキューバ映画のポスター

 

関連書籍はこちら

 『HUMAN vol.7』の訂正とお詫びのお知らせ - 2014.12.10

 『HUMAN vol.7』に訂正がございました、謹んでお詫び申し上げます。

正誤表はこちら HUMAN07_.pdf

関連書籍はこちら

 『作家のごちそう帖』 お詫びと訂正のお知らせ - 2014.10.30

平凡社新書749 『作家のごちそう帖』に訂正がございました、謹んでお詫び申し上げます。

正誤表はこちら 749.pdf.pdf

 

 

 

 

 

 

749作家ごちそうseigo修正

関連書籍はこちら

 『明治の細密工芸』(別冊太陽 日本のこころ217)に関するお詫びと訂正 - 2014.03.26

『明治の細密工芸』(別冊太陽 日本のこころ217)の記載に誤りがありました。

■2頁(目次)下、表紙作品の所蔵館の記載
(誤)並河靖之七宝記念館
(正)清水三年坂美術館

関係者ならびに読者の皆さまにご迷惑をおかけしたことを深くお詫びし、訂正させていただきます。

関連書籍はこちら

 『楽しい古墳案内』(別冊太陽 太陽の地図帖023)に関するお詫びと訂正 - 2014.01.14

『楽しい古墳案内』(別冊太陽 太陽の地図帖 023)の記載と掲載写真に誤りがありました。

■本文11頁の円筒埴輪「タガ」の説明
(誤)竹などを裂いて編んだ輪
(正)粘土をヒモ状にし、樽などのタガ状態にしたもの

■本文74頁の「総社古墳群」の写真は、正しくは下になります。



関係者ならびに読者の皆さまにご迷惑をおかけしたことを深くお詫びし、訂正させていただきます。

関連書籍はこちら

  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス