日本でいちばん平凡な名前の出版社
11~20件 (全78件) 前の10件 |  1  | 2 |  3  |  4  |  5  | 次の10件
撰銭とビタ一文の戦国史
書名 撰銭とビタ一文の戦国史
概要 信長~家康期の貨幣統合の足跡から中世と近世の転換点を探る。カネという社会通念を軸にして初めて見える戦国・江戸期の実態に迫る。
シリーズ 中世から近世へ
著者 高木 久史
ISBN 9784582477405
出版年月 2018/08
本体価格 本体1,800円+税
スウェーデンのアール・ブリュット発掘
書名 スウェーデンのアール・ブリュット発掘
副書名 日常と独学の創造価値
概要 世界で初めて、スウェーデンのアール・ブリュット作家を網羅的に紹介した記念碑的一冊! 多数の作品に加え、論稿・対談も多数掲載。
著者 渡邉 芳樹
小林 瑞恵
ISBN 9784582620672
出版年月 2018/08
本体価格 本体2,500円+税
広重決定版
書名 広重決定版
概要 出世作の街道風景や各地の名所絵をはじめ、華麗な花鳥図や美人画、肉筆画、戯画などの数々の名作を網羅し、見どころを解説する。
シリーズ 別冊太陽 >  日本のこころ
著者 太田記念美術館
ISBN 9784582922653
出版年月 2018/08
本体価格 本体2,500円+税
こころ Vol.44
書名 こころ Vol.44
概要 若松英輔さんに聞く「今さら知りたい④=詩ってなんだろう?」/海外名作短編再訪=井波律子訳・解説「狐の美女の恋ごころ」ほか
シリーズ こころ
著者 若松英輔ほか
ISBN 9784582380446
出版年月 2018/08
本体価格 本体800円+税
海を渡った日本書籍
書名 海を渡った日本書籍
副書名 ヨーロッパへ、そして幕末・明治のロンドンで
概要 近代以前、ヨーロッパに渡った日本書籍は、誰が、何のために、どうやって手に入れたか。由来を尋ね、知の欲求とその変遷をたどる。
シリーズ ブックレット 〈書物をひらく〉
著者 ピーター・コーニツキー
ISBN 9784582364545
出版年月 2018/08
本体価格 本体1,000円+税
伊勢物語 流転と変転
書名 伊勢物語 流転と変転
副書名 鉄心斎文庫本が語るもの
概要 伊勢物語コレクション鉄心斎文庫には、海外里帰り本など多彩な由来の本、物語の多様な読みを示す本が集う。その意義を自在に語る。
シリーズ ブックレット 〈書物をひらく〉
著者 山本 登朗
ISBN 9784582364552
出版年月 2018/08
本体価格 本体1,000円+税
周作人読書雑記4
書名 周作人読書雑記4
概要 新文化運動を唱導した著者は旧文化の教養も深い。第4巻は中国新文学、文学としての経書、詩文集、日記・書簡・家訓、その他の雑記。
シリーズ 東洋文庫
著者 周 作人
中島 長文 訳注
ISBN 9784582808919
出版年月 2018/08
本体価格 本体3,200円+税
幻影の明治
書名 幻影の明治
副書名 名もなき人びとの肖像
概要 時代の底辺で変革期を生き抜いた人々の挫折と夢の物語から、現代を逆照射する日本の転換点を描く。明治150年の今年必読の評論集。
シリーズ 平凡社ライブラリー
著者 渡辺 京二
ISBN 9784582768701
出版年月 2018/08
本体価格 本体1,300円+税
江戸の目明し
書名 江戸の目明し
概要 時代劇でつねに活躍する目明しは単なる正義の味方などではなかった。豊富な史料から、犯罪者が目明しになるという驚きの事実を語る。
シリーズ 平凡社新書
著者 増川 宏一
ISBN 9784582858877
出版年月 2018/08
本体価格 本体780円+税
象徴天皇の旅
書名 象徴天皇の旅
副書名 平成に築かれた国民との絆
概要 平成の象徴天皇という立場にあって旅とはどんな意味をもつか。被災地への旅、慰霊の旅、和解の旅。その多くに同行した記者の見聞記。
シリーズ 平凡社新書
著者 井上 亮
ISBN 9784582858891
出版年月 2018/08
本体価格 本体900円+税
11~20件 (全78件) 前の10件 |  1  | 2 |  3  |  4  |  5  | 次の10件
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス