日本でいちばん平凡な名前の出版社
21~30件 (全118件) 前の10件 |  1  |  2  | 3 |  4  |  5  | 次の10件
写実絵画のミューズたち
書名 写実絵画のミューズたち
概要 大人気の写実絵画シリーズ第二弾!女性画・人物画にテーマを絞り、気鋭の若手から独自の世界を構築するベテランまで21作家を紹介。
シリーズ 別冊太陽 >  日本のこころ
著者 別冊太陽編集部
ISBN 9784582922561
出版年月 2017/11
本体価格 本体2,300円+税
20世紀の総合芸術家  イサム・ノグチ
書名 20世紀の総合芸術家  イサム・ノグチ
副書名 彫刻から身体・庭へ
概要 彫刻のみならず、舞台美術・家具デザイン、陶芸など幅広い活動を展開した、20世紀を代表する彫刻家、イサム・ノグチの展覧会図録。
著者 新見 隆
ISBN 9784582207125
出版年月 2017/11
本体価格 本体2,500円+税
食べるってどんなこと?
書名 食べるってどんなこと?
副書名 あなたと考えたい命のつながりあい
概要 私たちはどんなものを食べている?食べないとなぜ死ぬの?食べ物はどこから来る? 日常の疑問から複雑な謎まで食を根っこから問う
シリーズ 中学生の質問箱
著者 古沢 広祐
ISBN 9784582837674
出版年月 2017/11
本体価格 本体1,400円+税
神になりたかった男 徳田虎雄
書名 神になりたかった男 徳田虎雄
副書名 医療革命の軌跡を追う
概要 一代で世界有数の医療グループ〈徳洲会〉を築いた男、徳田虎雄。稀代の病院王の〈医・政・金〉、それを支えた側近たちの姿を追う。
著者 山岡 淳一郎
ISBN 9784582824865
出版年月 2017/11
本体価格 本体1,800円+税
南方熊楠と説話学
書名 南方熊楠と説話学
概要 知の複合体・南方熊楠の説話学は、芳賀・高木・柳田の民族へと収斂するそれと別の方向性をもつ。遺存資料に探る南方説話学の可能性。
シリーズ ブックレット 〈書物をひらく〉
著者 杉山 和也
ISBN 9784582364491
出版年月 2017/11
本体価格 本体1,000円+税
聖なる珠の物語
書名 聖なる珠の物語
副書名 空海・聖地・如意宝珠
概要 空海が中国から請来した宝の玉「如意宝珠」。珠にまつわる言説たちが重奏しつつ、室生寺、高野山の聖地性を編成する様をたどる。
シリーズ ブックレット 〈書物をひらく〉
著者 藤巻 和宏
ISBN 9784582364507
出版年月 2017/11
本体価格 本体1,000円+税
永六輔
書名 永六輔
副書名 時代を旅した言葉の職人
概要 マルチな活躍で放送、芸能史に名を刻む永六輔。最も身近にいた新聞記者が「旅する坊主」の実像を立体的、多面的に描く決定的評伝。
シリーズ 平凡社新書
著者 隈元 信一
ISBN 9784582858570
出版年月 2017/11
本体価格 本体840円+税
なぜ私たちは生きているのか
書名 なぜ私たちは生きているのか
副書名 シュタイナー人智学とキリスト教神学の対話
概要 「生きづらさ」を巡り、シュタイナー学者高橋巖とキリスト教神学をバックボーンとする佐藤優が、国家・資本・宗教を軸に語り合う。
シリーズ 平凡社新書
著者 佐藤 優
高橋 巖
ISBN 9784582858587
出版年月 2017/11
本体価格 本体800円+税
ルネサンス再入門
書名 ルネサンス再入門
副書名 複数形の文化
概要 ルネサンスは近代の始まり? 中世の稔り? さまざまな文化要素が未決のまま共存する独自の時代としてルネサンスを見直す試み。
シリーズ 平凡社新書
著者 澤井 繁男
ISBN 9784582858594
出版年月 2017/11
本体価格 本体860円+税
新版 吉本隆明 1968
書名 新版 吉本隆明 1968
概要 吉本隆明はいかにして「自立の思想」に辿りついたか。「永遠の吉本主義者」がその思想的核心を捉えた渾身の書。解説=内田樹
シリーズ 平凡社ライブラリー
著者 鹿島 茂
ISBN 9784582768619
出版年月 2017/11
本体価格 本体1,300円+税
21~30件 (全118件) 前の10件 |  1  |  2  | 3 |  4  |  5  | 次の10件
  • 今日の平凡社
  • カスタム出版
  • 入れサービス